32.5cmの功罪(HM Djarra 32.5cm)

比較的好評をいただいてるTDFオリジナルカーヴィング「ハーフミシュラン」のジェンベ。 ボディの残りもあと数本です。今回組んだジャラ材は日本人には一番合っているとされてる32.5cm口径。 高さも60cmと少し低めですが、ワークショップでよく使用する丸椅子にはちょうどいいサイズです。   と、ここまで書いておいてなんですが自分がいつも叩いているジェンベ、2010年にマリで仕上げてもらったレンケの大口径37cmのBIGサイズです。 口径が音に与える影響っていくつかありますが、大きくなればなるほど皮が震える面積が大きくなるので、音色が長くなります。 「クワーーーン」って具合。これが口径が小さくなればなるほど「---」が少なくなります。32.5cm位になると「クワン」って具合です。そこに更にテンションをかけていくと「カン」に、更にギンギンにすると「カッ」になります(笑) 私がいつも叩いている37cm口径のジェンベは余韻の長い音を楽しみながら叩く分にはよいのですが、複数人で叩く際には「切れの良い音」のジェンベではないので周囲の音に埋もれがちです。 そこへ行くとこのハーフミシュランは32.5cm口径という、テンションをかけやすいサイズ感もあり、またジャラ材特有の艶のあるサウンドとマリ皮の特性も相まって「カンッ」というバランスの取れた打音になってます。 功罪と書きましたが、罪・・・そうですね、強いて言えばついついテンションを「もっともっと」かけたくなってしまう方には、数本横編み下だけでグッとテンションがかかってしまうので「上げ甲斐がない」というとこでしょうか。 トップクレイドルは赤とベージュのWクレイドルでポップな仕上がりに。 下のクレイドルも赤に、縦ロープのターコイズと合わせたアフリカ布がアクセントをつけてくれてます。 NEOミシュランのカービングもクラシックなモダン調。 是非この秋マイジェンベを!とお考えの方へおすすめです。 HM Djarra 32.5cm/¥69,800

ラスト1本!

暑いですね~ 梅雨明けのこの時期、破れたり湿気でダメージを受けたジェンベがたくさん届きます。 TDFは一年のがんばりどころです。 そんな中ですが商品もだいぶ少なくなってきたので一本新作を組みました。 個人的にとくにお気に入りのコートジボワール製のレンケジェンベ。 コートジワールのジェンベと言えば昔から「イロコ」という木材を使うのがお決まりでした。 ここ最近でこのレンケとか、ドラムスカルではジャラのボディをぽつぽつ見ます。 木材調達の事情ははっきりいって全然わからない(笑)のですがTDFのコートジ製レンケボディはマリの工房で買い付けたものの一部を譲ってもらったもので、レギュラーで扱っているものではありません。 ですから数量限定で入荷したこのシリーズ、これが最後の一本です。 レンケ材といっても音の特徴はコートジスタイルをイメージしてもらいいと思います。 柔らかくてメロディアスな音色です。 ジェンベと言えばギニア、マリが「本場」だと思ってる方が多いですね。自分もそう思います。 コートジジェンベは歴史が浅いんじゃないかと推測してますが、他にない良さがあるんですよね~ 僕の大好きな、トマゲイ、アルーナ、ペティアダマ3人のステージ、この三人は基本コートジジェンベです。 こんな風にジェンベを叩いてみたい。弾いてみたいです。 今回はマリ産ヤギの少し厚みのあるものをパキっと載せてみました。 前回組んだコートジレンケにチョイスしたのは牛皮で、これまた相性よく鳴ってくれていたのですが。 自分で使うのなら断然ヤギ皮なんです。 叩いて楽しい、ジェンベの旨みを余すことなく味わうなら断然ヤギです。 その点で言えば特にマリ産厚ヤギは極上ですね。 皮のチョイスは使う状況によって何がベストか変わるのかなと思ってます。 化粧ロープがまた似合うんですよね。重くなりますし、あとからチューニングも面倒ですが、ここは便利さよりもカッコよさを取りたい。 自己満足に振り切った仕様で組みました。 そんなコートジレンケもラスト一本。 うーん自分で使いたい。 Cote’d’voire Lenke 32cm(DJ0524) ¥69800  

オールドボディのプレーン化

去年から密かに続く個人的プレーンボディブームです。 このボディはもともとセネガルの古いユーズドボディ。 丸いカップ、ストレートで長いレッグに彫りが浅いモチーフの線画・・・古いので数は多くないですが、このタイプにはよくあるデザインのジェンベです。 最近のようにキチンと図って工業製品のように完成度の高くなってきたジェンベとは正反対で、手作り感を直に感じられる古き良きジェンベは、もちろん楽器としての性能は申し分ないし、今よりも生産効率の悪い分手間暇も掛かってるし、一本一本の個体差も大きくキャラクターが強いです。 年月が経ってるため木の乾燥による変形や痛みもあるので、 ・これからまた長く使えるようにリペア ・個体の魅力を損なわないカスタム を目指しました。 リペア&カスタム内容 彫刻を落としてプレーン化 表面を削りだし エッジ調整 調整脚を30mm切断 10mmラバープレート接着 リング:国産スチールリング6.5mm 下リング:国産ステンレスリング5mm 縦ロープ:ホワイト4.5mm クレードル:ライトグリーン/ライトイエロー/イエロー4mm 個体の魅力を消さないようにサイレントな仕様で。 ただせっかくカスタムするのでエッジもきかせたいという(笑) 明るい色のロープは汚れてくすんでいきますが、それもまた楽しみたいところです。 ジェンベのボディ自体はかなり丈夫で長く使えるものなので、メンテナンスしながら、たまには仕様変えて使っていけるのもこの楽器の大きな魅力です。 Senegal old custom 31.5cm(DJ0513)/¥61800  

牛コートジ

2019年初の一本組み。 個人的にお気に入りのコートジジェンベはTDFの主流ではないものの、ずっと取り扱いのあるラインです。 ギニアやマリ、ブルキナのトップアーティストにも愛されるコートジジェンベ、最近の物はとくにカップの部分が縦に長くて足が短め、少し柔らかい「イロコ」という木材を厚めにとって作られたボディが特徴。 本家本元のジェンベの音色とはまた違った、ライトでメロディアスな音質に魅力があります。今回組んだのは2016年にマリ工房を経由して買い付けたコートジボディの中では珍しいレンケ材。 皮を張った完品の状態で何本か入荷しましたが、面白いボディなのでいくつかはTDFで一度バラして違う仕様にアレンジして紹介してます。もちろんマテリアルは国内生産のスチールリング&ロープのいつものTDFスタイルで、1月に入荷したパキスタンの牛皮を合わせました。牛皮ですがハードすぎず、叩きやすくて音が出しやすく仕上がってます。 これ系は苦手って方にも意外とはまるんじゃないかなと思います。叩きが変わりますよ。 Cote d’voire Lenke 32cm(DJ0507)/¥69800   今ならいい牛入ってます。

淡然たれ(Mali Lenke 33.5cm)

浮つかず何事にも動じない。 そんなジェンベです。 新作のロープ、ブラック&グレー&ホワイトの掛け合わせは褐色のボディとの相性がいいです クレイドルはold風シンプルに。 足ゴムもシンプルに横釘なしのフラット仕様で。 レグのカービングも派手すぎず、でも静かに存在感を! 33.5cm口径で中音深めに出ます。個人的に大好きなレンケサウンド。   おススメです。 Mali Lenke 33.5cm(DJ0497)/69,800 円→ 62,820 円