修理ラッシュも確定申告も一段落しました工房長です。 先日は今年のTDFのTシャツを発注に出かけたり、 今日はひとり外の陽気を眺めながら店番をしております。 ちょっとのんびりもいいもんです。 写真は去年のマリツアーで参加してくれたMちゃんがTDF工房で買ってきた太鼓をフルカスタムしたもの。 牛皮か?って言うくらい極厚の皮が張ってあったのですが、今回はやや落ち着かせて、しかし厚皮。 ぼってりしたマリの『タサジェンベ』(*たらいのようなジェンベ、昔の大きな口径のジェンベをこう呼ぶ人が多い)の復刻版を作ろうとカーバーと試行錯誤してできた傑作のボディーです。 独特のシェイプですよね。 めちゃめちゃヤバい音してます。         これから気持ちいい季節。みなさんの太鼓、衣替えして気分を変えてみるのはいかがでしょうか? 修理ラッシュ落ち着いてるので、納期比較的早めにできます。 お問い合わせは 03-3892-1878 東京ジェンベファクトリー

4/10(金) 町屋クラスSSIはラウラウっ

4月のSSIは発表会でもんのすんごいパフォーマンスを見せたラウラウバングーラです。あの音を浴びるだけでも幸せになります。お楽しみに! 4月10日(金) 場所:ムーブ町屋 スタジオ 時間:19:30ー21:30 料金:2500円 レンタルドラム:500円(19時までにTDFに取りに来られれば無料でお貸しします) 問い合わせ:090−5218−5040(カトウ) [講師プロフィール] アフリカン・パーカッションプレイヤー LaouLaou Bangoura /ラウラウ・バングーラ 国立舞踊団バレエ・ジョリバのジェンベ奏者の父を持ち、幼少のころよりジェンベに親しむ。 10歳で本格的にジェ ンベを始め「バレエスラハタ」、「 バレエワッサ」でジェンベソリストを務めた後、ギニアで最も有名なパーカッショングループ「ボカ・ジュニオール」に入る。 現在は同グループのNo.1ソリストとして活躍し、ギニアの若手 No.1プレイヤーとして称賛されている。 また、毎年ヨーロッパ各国やアメリカ、 日本などからジェンベを習いに来る生徒達にレッスンを主宰。 2010年に日本に初来日。日本各地でワークショップやライブを行い高い評価を受ける。 2011年より東京に拠点を移し各地でワークショップやライブを展開、アフリカンドラムとダンスのワークショップツアーをギニアで行う。 2013年には韓国のソウルに召集され韓国や中国の生徒さん向けにワークショップを行う。 見る者を圧倒させ楽しませるジェンベプレイは各地で話題となっている! 自身がギニアでプロデュースしたDVD、「wontanara」と「Bere na Matam vol.1&vol.2」、「Sanke bere」が好評発売中。

ところかわれば?

ジェンベのフルカスタムオーダー選定会を昨日行い、たくさんの方々とお話させていただきました。 ご自分の今のジェンベとのスタンスや好みの音、使用シーンなど、それぞれの方々にあった桶を持ち出してじっくり話し合うのですが、昨日沢山聞かれたのが「ジェンベの産地でどこがどう違うのか?」という質問です。マリは?ギニアは?コートジボアールは?その他「木は何がいいの?」や「皮を被せると音が変わるの?」という定番級のご質問も多かったです。 産地による違いは自分たちは慣れちゃってて気になることが全く無いことなのですが、もちろんジェンベを初めて、しかもフルオーダーでお創りになる際は気になるもっともな疑問だと思います。「某サイトではマリやセネガル・ブルキナファソの木はジェンベに向かないって書いてありました」って、「!」なネットの情報もありますし。 正味もともとはきっと同じだったであろうその形、今では大くくりで其々の国でフォルムに違いが出てます。いちばん大きいのはホール(カップの内側)の切り方。音に影響の出やすい部分ですね。 あとコートジボアールのイロコ・ガーナのトゥエネボアなど、政府主導でジェンベをつくっていい木材を規定している国もあり、そのあたり含めていくつかご説明させて戴きました。 準備含めて7時間、食事もせず、お茶も飲まずにブッ通しで接客しましたので充実感溢れる一日だったのですが、帰りに昔日曜は休みだった小金井油そば「一平」が日曜に営業してるのを横目で見てびっくりした時にふと思ったのは・・・ 「ジェンベの産地による違いってマルちゃん緑のたぬきの関西風・関東風くらいのものじゃん?」ってことです。 油そばも自分がファンである「一平」と、本家と言われてる「珍々亭」、いつも行列の「ぶぶか」など、もとは絶対ひとつだったのが徐々に変わっていった、しかし食べた後の心地よいもたれ感とかは同じ。 マルちゃん緑のたぬきにおいては、というかうどんの汁の色の違いは関西から関東へ来られた方が「地域の違い」を一番強調しやすい「比喩」として使っている象徴ではないでしょうか。逆に関東で生まれ育った自分はその「違い」には全く無頓着です。両方美味しい。いつ食べても。 「そんなもの」って言っちゃうと語弊がありますが、ジェンベの産地による違いもアフリカのドラマーに言わせたら何だかんだ言ってどうでもいいことなんじゃないか?って最近思います。 だって何しろ彼らはどのジェンベを叩いても同じ音がするのですから。

3月22日(日)、町屋TDFスタッフ不在のお知らせ

当日告知になってしまい申し訳ございません。 通常日曜日は終日佐々木が町屋のお店にいますが、3月22日(日)本日、出張にて不在になります。昨年も大好評でしたジェンベの桶からロープ・リングの布・好みの音などすべてカスタムオーダーできるフルカスタムジェンベ出張選定会を催すためです。 アフリカ屋は通常通り営業なのでお店は開いているのですがタイコにまつわる対応ができない旨ご了承ください。 なお緊急のご連絡については11時から15時は電話に出れないのでメールにて、15時以降はお電話でご連絡ください。 電 話:080-5434-6242(佐々木) ご迷惑おかけしますがどうぞよろしくお願いいたします。

春バーマン

4月のバーマンデー。回を重ねるごとに新しい人や久しぶりの人の再会の場になってきていて、嬉しい限りです。 音楽好き、ダンス好きがあつまって飲み食いしながら新しい出会いや面白いことが生まれる。そんな願いから始まったバーマン、気になっているみなさん是非お待ちしております。 さて今回のバーマンはタンガナジェル、キングダムアフロックスで活躍中の「ユッシー」をホステス&DJにお迎えします。 彼女の爆発的なバイブスとサウンドを浴びにきてください。 ユッシーお手製セネガル料理マフェとヤッサのスペシャルプレート、ユウキンバーのセネガルカクテル?も乞うご期待! Bar Monday 4月6日(月) 19:00頃オープン ノーチャージ アフリカ屋/TDF    

日曜夕方に綺麗な音で活力を。

ジェンベを気軽に習いたい・・という方に朗報です。 毎週日曜日17時から18時・全15回コースで15,000円(1回あたり1,000円!)でレンタルジェンベが無料で借りられるというリーズナブルさに加えて、講師のユウが奏でるジェンベの音色とわかりやすい解説が大好評のジェンベクラスがこの4月から新たに開講されます。 こんな感じです。 (動画の中の解説は全14回となってますが今回から全15回です) お申し込みはお電話または直接会場にて。 TEL: 03-5782-8507 〒140-0001 品川区北品川3-11-22 品川保健センター4~7階 【電車】京浜急行 新馬場駅(北口) 徒歩2分 【バス】東急バス 大井町駅東口から「渋谷」行き「新馬場駅前」下車 ※ 駐車場はありません ※ 公共交通機関をご利用ください 日曜の夕方は何かと予定がある方が多いと思いますが、週の終わり・もしくは次の日からの新しい週の始まりへの活力としてユウが奏でる太くそしてとても綺麗なジェンベの音が活力を与えてくれます。 是非お申し込みください。

Fine 4月号に掲載されました。

      先日法事で宮崎に行ってきました。 海めちゃくちゃきれいだったです。 昨日帰ってきたら、一冊の雑誌が届いてました。   『Fine』 チャラいサーファー雑誌のイメージが学生の頃はありましたが。(失礼しました) すっかり20代後半、30代〜のすっかり落ち着いた雰囲気な雑誌でした。 青島神社と地鶏。    

初志貫徹

10年以上、時には毎日・時には一か月更新なし・・・と書いてきたブログ「ドゥンドゥン馬鹿」を見返したらTDFの創業時のことが書いてあった。 2005年の5月にタクミが帰国してTORODOキャンプをやったあたりから楽屋とマザーランドジャパン(タクミ)との協業がはじまり、その年の秋から春までのタクミのアフリカ渡航を経て2006年7月に東久留米の一軒家でTDF(当時は多摩ジェンベファクトリー)が正式発足しました。 昨年のアフリカ屋20周年パーティで「来年はTDF10周年!」と宣言しましたが、正式発足から換算すると来年2016年が10周年になります。 2010年に町屋へ拠点を移して今に至る訳ですが、図らずとも今年は町屋移転5周年・佐々木生誕50周年(笑)・そして来年のTDF10周年へ向けての総括の一年となります。 本日はタクミのクラス(町屋&下高井戸)のみんなが出演する発表会イベント。昨日最終リハを見てたときに思ったこと・・・・ あの頃とは比較にならないくらい僕らと関わってくれる皆やお客様が増え、それこそ多くの叱咤やご期待やタスクがありがたいことにあります。 でも、東久留米でタクミと始めた時の気持ちを決して忘れず、いっこいっこ大切にしていこう、って思います。 これからもTDFをどうそよろしくお願いいたします。

DUNDUN set Mali 2

DUN-0008

ドゥヌンバ・サンバン・ケンケニのセット。 なんとレンケの芯材ボディーです! D(W40H60)S(W30H50)K(W25H45) made in USAの強度の高いロープ使用。 3本立て置きもよし、セパレートの横置きもよし。 ドゥンケニ、サンバンのブルキナスタイルもいいですね。 はっきりいってパワーあります。お早めに。 ベル・バチつき。