Limited Sale

あっという間にクリスマスイブです。 忘年会で散財してる方も多いと思いますが 笑 TDFでは今年最後のご奉仕セールを開催することにしました。 12月24日(土)から12月27日(火)の期間 新商品のジェンベバッグが7800円より CAMO / BLACK / YELLOWの各3色、XL、Lの2サイズです。 価格はXL / 8200 yen  L / 7800 yen 滅多にセールにかからないジェンベバッグ。そろそろ買い替えようかと迷っていた方、この機会をお見逃し無く!! 詳しくは商品ページで Djembe Bag Black    (左)XL、(右)L size XL トップ直径 40cm ボトム直径 32cm 高さ 65cm size L トップ直径 35cm ボトム直径 28cm 高さ 63cm

1/9 新春ライブ@田町Cadeau

ひさびさの岩原さんとライブです。 今回は春ちゃんを迎え、成人の日に早めの時間から新年会! トラッドあり、即興ジャムあり、ガチンコアフリカンライブです。是非お待ちしております。 1月9日(月祝) open : 16:00(変更あり) Start : 17:00 (変更あり) 2ステージ 投げ銭 *着席ご希望の方は席の予約をおすすめします。 田町Cadeau 東京都港区芝5-29-2 三善ビル 4F 03-3451-5300 JR田町駅 田町駅西口から徒歩 都営三田線/浅草線 田町駅 A3出口から徒歩3分 三田駅から221m

年末年始のお知らせ

恒例「大発表宴会」も無事終わり、連日忘年会の佐々木です。 ことしも残すところあと僅か、早いもんですね。 TDF町屋工房、通常営業は12月26日(月)で終わり、27日火曜の定休日を挟んで28日(水)は大掃除です。29日から1月4日(水)まではお休み、1月5日(木)より通常営業いたします。 今年は10周年、工房の移転という、TDFとしての一大転機でした。2017年はまたわくわくすること、たくさんやっていこうと思います。

クリスマスギフト

そもそも本当の意味で?クリスマスのお祝いなんかしないけど、家族で過ごす時間、恋人と過ごす時間をもつ口実としてはなかなか楽しいイベントだと思う今日この頃。 人にものを送る。 何か、人にプレゼントすると、自分の為にお金を使った時には味わえない何とも言えない満足感があったり、その人ことを考える時間が増え喜んでもらえるかと想像する。 自分のことばかり考えがちな自分にとって足りてない部分であります。。。 とまあ自己反省はさておき、、 TDF的にお勧めするクリスマスギフトはなんといっても今年はこれ。 DJEMBE PANTS   made by TDF             4980yen TDFオリジナルの伸縮性と光沢感のあるジャージー素材を使ったジェンベ用デコレーションです。カップ部分にかぶせると化粧ロープのように見え、またロープのように重量感も無く、着脱が非常に楽です。 現状の自分の太鼓のロープの色が気に入らない人にも、これがあれば皮張り替えの必要なく、すぐ変えることが出来る優れものです。 カラーバリエーションは white / yellow / blue brown / grey / orange red / yellow / green の3種類。定番のラスタカラーも良いですが、TDFらしい中間色のパターンもおすすめです。 日本製の優れた縫製で永く使っていただけると思います。 クリスマスギフトに是非いかがでしょうか? white / yellow / blue brown / grey / orange red / yellow / green […]

ゲニ

すっかり寒くなりました。 梅雨時期に始まる修理ラッシュも8月ごろがピークですが、秋に入ってもピタッと止むことはなくて最近ようやく落ち着いてました。 新しいコンテナも届く予定ということですので、新作をどんどん仕込んでいきたいところです。 最近上がったもので珍しくゲニのジェンベが続きました。なかなか年季の入ったギニアボディ。 10年前現地で調達したそうです。 打面がかなり変形していたのですが、時間を掛けて戻してからリングとロープをフルメンテナンスして再び厚皮をセット。 変形を完全に戻すのは難しいんですが、なかなかいい音に仕上がったと思います。 持ち主の愛着を感じますよね~こちらも修理。 大口径お宝ボディです。 プレーンなレッグもいいっす。こちらもお宝系。DSギニアボディ。彫りも表面の仕上げも美しいですね。工房長によるスタッズワークでさらにゴージャスに。 まさにご褒美ジェンベ。近日アップ予定です。番外編のマイジェンべ。ブルキナボディ。 レッグのゴツさが特徴的ですよね。 ボボで先生から譲ってもらったもので、結構気にいって使ってたんですが破れてそのまま。 バチっと張り替えたらまたいい音なってくれそうです。

congas from Mali

いよいよ今年も残すところあと3週間。 いつもながらのあっという間の1年でした。 工房長です。 最近はごひさん、陽介と回った『群青Bamako Sessions』やナンサディの余韻に浸りながら、発表会の練習に熱を入れ、 合間には大好きなKamasi Washingtonのライブをビルボードに見に行ったり、Chet Bakerを題材にした映画『Born to be Blue』を見たりと充実した12月を過ごしております。 さて本題です。 つくづく音楽の自由度への関心が高まる今日この頃。 多様なマンデン文化を学びながら音楽を楽しめるようになってきました。ジェンベも良いですが新しい音をアンサンブルに取り入れると、いままでやってきた同じ曲でも全く違う顔になったりする。それがまたたまらなく楽しいものです。 そこでおすすめなのが Conga from Mali    61200yen 100% Made in Maliです。レンケの芯材のみのボディを1本くり抜きで作ってあります。皮ももちろんマリの牛皮。 世界中でコンガ作られてると思いますが、マリのコンガはやはりジェンベとの相性も抜群な気がします。 ンゴニやバラフォンなどの弦楽器にあわせたり、ジェンベアンサンブルにも活躍します。見た目も大手メーカーの作ってるものと違い、質素で好みです。 ギフトシーズン到来。自分のご褒美にいかがですか?

終わりなきジェンベ道

この秋の東京はゴヒさん・セルー・ナンサディ、、、、贅沢極まりないイベントが毎日のように行われていて、感情の揺れ動きがありすぎてちょっと困ったことになりました。 そのなかでも・・・ Nansady Keita・・・・・ 音、っていうか波がゾワっと押し寄せてきて、幸せな気分と共に「今すぐにでもジェンベの練習がしたい」という、感じたことのない欲求が理屈抜きで沸き起こりました。 ナンサディとラウラウが二人でセッションするシーンがあったのですが、あんなに楽しそうなラウラウを見たのは久しぶり。感動しました。   ジェンベ道、、、、終わりなき道ですね。