ジェンベチューニングフリー・サンDAY

うー寒~・・・な日々が続いてますが、いかがお過ごしですか? いよいよ2月頭からTDFマリツアーです。 3月頭までタクミ達が現地ですので町屋工房を佐々木とケンちゃんで盛り上げ企画第一弾! 「毎週日曜はジェンベチューニング無料DAY」です。 もともとTDFでお買い上げ頂いたジェンベはお持ちいただければその場で最良な状態にチューニングしますが、TDF以外でお求め頂いたジェンベももちろん大丈夫です。     あと「セルフチューニング講座」も随時行います。おや?ってときにこうすれば音質改善できます!ってやつです。ご年配の方や女性でも「コツ」さえつかめば出来るようになりますので、ご興味ある方は是非お立ち寄りください。 こんな感じの笑顔でお待ちしてます。 実施日:2月5日・12日・19日・26日、各13時から18時(開店1時間後・閉店1時間前) セルフチューニング講座:随時 無料です。(ロープつないだりと材料かかる場合は実費) で、最終日2月26日はチューニングしたジェンベで一緒にセッションしましょう。16時から18時まで。でそのあとワイワイ宴会しましょう。

BLAFON SUNDAY

こんなんやります。 ご存じ岡山出身ジェンベ&バラフォンプロフェッサーにしやまんの提案で、彼のチーム’Bala Jazz Trio’と、私ども夫婦バンドとなってしまった’Bamara Boyz’でライブです。 今回はバラフォン縛りイベントってことにしまして、ただでさえ2人だけでのライブは初なんですが、なんとか絞り出します。 場所は渋谷宮益坂の”イェネガ”です。 広くはないですがわりとのんびりしたレストランですので、良かったらよっていってください。 来週には工房長と日光、ツアー参加組も続々アフリカへ旅立ちます。 自分のことでないのになんかソワソワする感じします。 またタイミングが合えば行ってみたいもんです。 今年はマリのシカソという都市で何年かに一度開催されるか開催されないかと言われています’Triangle du Balafon Festival’というバラフォンの大会があるみたいです。 前回開催されたのは2012年、丁度僕らがバマコに滞在中ドゥンドゥンの先生Moussa Kanteに連れていかれ、たまたま出会ったこのフェスティバル。ギニア、マリ、ブルキナ、コートジボワールのチームが集まってコンテスト形式で競い合います。 ちなみにその時の優勝チームがブルキナのGroup Mamadou Diabate。 ダントツのパフォーマンスでした。 ヨーロッパでも超活躍してるボボのサンブラファミリー。 今思えば優勝は決まってたようなもんかも?? 映像やと音質はだいぶしょぼく感じますが、彼らのは使ってるバラフォンも半端ないです。 この時の準グランプリはGroup Bwazan。 マリで行われた大会だったのでかなり地元の期待と応援を背負ってたみたいですが、惜しくも準グランプリ。結構悔しかったようで、何年かあとに行った時もこの話を何度もしてました。 この時のシカソの一週間の旅はなかなか大変でしたが、このほんの数十分みられた演奏がすごくよくて、今でも頭に残ってるんですよね~

デニムとジェンベ

デニムとジェンベ 形や色や年代で何本も欲しくなってしまうもの。 って共通点がある気がします。 個人的にですが。。   TDFのけんちゃんはデニムにかなり詳しいです。 それで今回組んだ太鼓はまさに 『Levi’s 501 XX』 定番の王様。 「XX」は当時のキャッチフレーズで 「エクストラエクシード」=「特に超越してる」 頑丈で2頭の馬が引っ張っても破れないジーンズ。 まさに質実剛健の証です。 Mali Dougoura 34cm Cowskin               64800yen 余計な装飾を排除し、飽きのくることのない完璧なフォルム。 ジーンズはいたまま寝たりしたのが懐かしい。。 「育てたい」と思う至高の一本です。  

古き良きアフリカ

昨年末のカスタムオーダーでマリオールドスタイルをお選びいただいたYさんのジェンベ、いい感じです。 圧倒的なカップの体積が産み出すボール形状から生まれたカップ内をめぐりめぐる音、、病みつきになります。 リングは鉄筋剥き出し、クレイドルも縦ロープも村仕様。一気にアフリカ色が強いジェンベになりました。   このタイプの桶はファマドゥコナテ師いわく、自分が青年期にギニアの村で見たが、最近ではないからとても興味深いと。 僕たちはマリのオールドスタイルのつもりで彫ったので、そのあたりのマリとギニア、いわばマリンケの関連性を示していてゾクゾクします。 希少なこのタイプ、日本で所有してるのは福島のYさん・福岡のあの人はじめ数名。音色などを聴きたい場合は聞いてみてください。 桶あと2本だけあります。ご興味ある方はお問い合わせください。    

kongoni

ジェンベ音楽愛好家達の悩みの種の一つ。 ドゥンドゥンの持ち運び、所有問題。 車にいつも積んであるような極愛好家達はさておき、笑 少人数のグループ、電車移動のグループなどほぼ丸太のような ドゥンドゥンセットを練習やライブの度に運ぶのはとても大変ですし、まずセットを購入する場合予算はだいたい15万。なかなかハードルが高いです。 そんなネガティブな面を払拭してくれる太鼓が 『KONGONI custom made by TDF』 100% JAPAN MADE 重さはなんとたったの 2kg 皮も古くなって端から破れてしまったジェンベの皮を再利用した 命を大事にするエコ仕様。 国産の強度あるペール缶をお好みの色にペイント出来ます。 時にはケンケニの役割を、ときにはサンバン、ドゥンドゥンの役 割をするオールマイティーな太鼓です。 木のボディーでは出せない独特の残響音が病み付きになる。 グループに一本いかがでしょうか? 完全フルオーダー制(納期2週間) 24000円 バチ付き オーダーご希望の方は直接メールにてお問い合わせ下さい。 info@tokyodjembefactory.com

Khassonke Doundounで踊ろう 新春Special

今週末ですが、1/8日曜日、うちの嫁さんのクミとダラマンで去年からやっていますカソンケダンスクラスを新春スペシャルバージョンでやってみます。 普段はカソンケのステップと音楽を一緒に勉強して、シンプルなカソンケダンスを楽しむことを目標にクラス形式をとってますが、今回はそこをもうちょっと実戦形式に進められたら、、ということで渋谷のアフリカ料理レストラン”Yinega”でカソンケダンスパーティーです。 1/8㈰ 場所  Yienega渋谷 料金2500yen(ご飯と1drinkつき) 17:00 open 18:00 start 18:00〜 アコースティックライブ☆ ちょっと休憩をはさみまして 19:10〜 マリスタイルの”カスンケ”ダンスパーティー!! 前半はダラ&チヒロちゃんのコラと歌のアコースティックスタイルに せっかくなのでバラフォンやら太鼓を混ぜてやってみます。 後半のメンバーはいつも通り! ダラマン ジャバテ(Doudoun) けん(Doundoun) はーちゃん(Doundoun) たくちゃん(Doundou) and more ドゥンドゥンばっかです(笑) よろしくお願いしまーす!

Mali Lenke 33cm

新年早々ですが、3本アップ。 自分も最近はずっと修理作業だったのですが、久々に一本組んでみました。 せっかくなので今の気分を反映してこんなん叩きたいな~という感じでしょうか。 去年はレンケとイロコのマイジェンベをよく使いましたが、 ジェンベを叩く機会って色々で、どんな音色が好きか?ってこと以外に大勢の中で音を通さなきゃいけない時ってあって、 そんな時、とくに自信がないとき(笑)など、レンケのジェンベが力を貸してくれます。 他人の太鼓を借りる時もレンケのジェンベを選ぶことが多いです。 チューニングが低くても他の音に埋もれにくくて、高くしても音が細くならないようなきがするんですよね。 これくらいのボリュームのレンケボディなら、シーンを選ばず活躍してくれるはず。皮は十分な厚みのあるセネガルです。 経年変化が大きく伸びのあるマリ皮よりも味わいには劣りますが、その分いいコンディションを長く保ってくれると思います。 正月なんで調子に乗って化粧ロープ&スタッズも入れてみました。Mali lenke 33cm DJ0381/63,800 yen

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。 ケンです。 正月はいかがお過ごしでしょうか。 自分は大みそかに腰をギクッと痛めてしまいまして、 実家の大阪に帰ったのですがほとんど床に仰向けで過ごしました。 2日は嫁の実家のに行っておせちをご馳走になってきました。 だいたい定番の流れです。 あまりで歩けなかったので初詣もなし。年末からハマってるプリズンブレイクを見まくってました。 これは今さらですが、、めっちゃ面白いですね。やめられません。 囚人の服装がまたツボなんですよね。とくにこいつ、通称’’Tバック’’がお気に入り。日本語吹き替え版がおススメです。 TDFは本日よりオープン。 めずらしい!?人が遊びに来てくれました。 TDFの新しい工房が出発できたのはたーさんのおかげ!l今年もよろしくお願いします。