なんかあるといいなって思うモノ。

先日ジェンベの修理依頼して下さった10年以上のお付き合いのあるSさんが工房に太鼓を引き取りにいらして、世間話をしていたところ、前後の会話は忘れてしまいましたが、(笑) 「わたし以外と湿気って好きなのよね。」 って仰っていたのが印象的でした。 ついついこの時期になると、口癖というか、社交辞令のように 「じめじめして嫌だねえ。」 とか、 「また雨だね、全く」 などと口走ってしまいがちですが、Sさんのようにさらっと人の心がカラッとさわやかになる一言を言えるようになりたいものです。   タイトルからいきなり脱線気味ですが、 『なんかあるといいなって思うもの』 それは、 『ステッカー』 でしょう。もらったりするとなお嬉しかったり、 一時はバンドやレーベルのステッカーを意味も無く集めたり、 スケボーに張りたくったり、スーツケースに張ってみたり。 TDFもウェブサイトリニューアルに伴いステッカーを作りましたが、それもあっという間になくなり、何となく時間が過ぎていました。 そろそろ作ろうか、という事で、出来ました。 TDF STICKER ———–       200yen   大きさは幅3cm、高さ9cmです。 (*屋外使用ではありませんので、車に張ったりすると日焼けして劣化が早くなる恐れがあります。) 絶妙な大きさなので主張しすぎず、いろんなところに馴染んでくれると思います。ちなみにこのキャラの名前を思案中。。     そしてこのステッカーをデザインしてくれた “YUUSUKE OGATA”の先日行なわれた展示会『BLEMISH』の会場で販売されていたTシャツも少量ながら販売しております。 YUUSUKE OGATA T-SHIRTS ————-   3000yen WHITE / BLACKともにS / M / L 展開になってます。 各サイズ少量ですので、店頭でお求めいただくか、メールにて注文承ります。(*オンラインショップでは取り扱いしませんので、直接お問い合わせ下さい。) 売り切れ御免。 是非この機会をお見逃し無く!          

14年の年月(Mali lenke 32.5cm)

佐々木がタクミとTDFを始めたのが2006年。知る人ぞ・・ですが実は2001年から5年間は「楽屋」というネットショップでジェンベを製作販売してました。当時インターネットの世界は通信手段は今は無き?ISDNでした!ADSLっていう速度が速いのが出たらしいぞ!ってNTTで契約したのを覚えてます。 当初は某楽器メーカーのジェンベ発売に伴い修理や販売を軸にジェンベワークショップやイベントの紹介をしていましたが、ほどなく本格的なアフリカのジェンベを国内のユーザーに販売すべく2001年4月にまだ雪の残る新潟へjunjun渡辺氏を家族で訪ねてジェンベを流通させてもらいました。渡辺氏は佐々木がバンド活動をしていた90年代に岩手のイベントで一緒になっていて、氏の音楽に傾ける一見クールな中の情熱の凄さを知っていました。今でもそうなのですがjunjunさんで売られているジェンベは渡辺氏が長年の目利きで良しと判断したジェンベも、もちろん氏が組み上げるジェンベも緻密で当時から物凄く高いクオリティでした。 そればかりではなく渡辺氏は当時はまだ武骨で組み上げに多少難のあったKANGABA工房に対して「日本で受け入れられるためには改良せねばならない」と進言する立場にあり、そうです、2000年代隆盛を極めたKANGABAジェンベムーブメントはjunjun渡辺氏が創ったと言っても過言ではないのです。 そんな中で仕入れた今回ご紹介する2003年製作KANGABAジェンベ、手ごろなサイズ感だったこともあり贅沢なレンタルジェンベとして使用していました。2007年からの10年間はスポーツクラブに常設してましたので空調含めて極上の環境で保存されてました。それを今回フルレストアしてお売りします。 KANGABAジェンベは2004年から彫りの仕様がガラッと変わりました。曲線的で深い彫刻のノミづかいから直線的で浅いノミづかいに、そしてここが大きな変更点ですがレグの厚みが薄く、そして短めに変わりました。 その意味ではこの2003年モデルは5:5の黄金比よりも若干レグが長いため中低音域が深いです。 シュッとした(大阪風)印象です。座って叩く際のホールド感、いいですね。 2003年12月20日産まれです。日付が書いてあります。 深めの中低音。マリの厚めの皮を乗せましたので強調されてます。 ぶちっていうか、この感じの模様、好きです。ちなみに天然です。 鉄筋&8mm極太クレイドルの村仕様。先だってKANGABA村で不幸な事件がありましたね。謹んでご冥福をお祈りします。 下リングも鉄筋っす! 14年も経ちますとこのように茶褐色度合いが増してます。ちなみに他のビンテージジェンベ同様に経年で水分が徐々に放出されたためか32.5cm口径で7.7kgと軽量です。 新しいジェンベもいいですがいきなりネオビンテージユーザー!はいかがですか? Mali lenke 32.5cm(DJ0418)/¥49,800

梅雨ですね~ 毎年書いてますがこの時期はジェンベにとっては大敵。 ですが夏はすぐそこです。 今年もビッグアーティストの来日ワークショップ&ライブや毎年恒例のTDFキャンプももちろん準備中! 今週末24日土曜日は渋谷yienegaにて、私ケン&嫁のクミでこころみるライブイベント 「B-Park」。 来週30日金曜日はこちらも初の試み、ミニバラフォンを使った バラフォンワークショップ。 7月に入ったら7/7金曜日、9日曜日はブルキナファソより来日ツアー中のべノワ&ドリッサと容君にTDF工房長とケンクミも混ぜてもらいまして、 ブルキナ音楽祭。 間の8日土曜日はこちらも来日中の アイサタクヤテ&ラウラウバングーラのライブ 代官山です。バルボラでご一緒します。 7/15日土曜日はいよいよ工房長の上級向け 「天空クラス」 がスタート。これはおそらく・・・激ムズです。 などなどまだまだ書ききれませんが、とにかく今年もイベント盛りだくさん。 お楽しみに!!

7.8(sat) Aissata Live ばるぼら出ます!

いよいよ迫って参りました。 世界中で人気のギニア出身の歌姫アイサタが東京でライブします。ダンスはもちろんその歌声に魅せられたファンは毎年増えるばかり。東京でのライブはこの日のみ。 太鼓やダンスファンはもちろん、アフリカの音楽に触れた事の無い友人を誘うにはとっても良いイベントだと思います。是非皆さん足を運んでみて下さい! 自分も「ばるぼら」で対バンさせていただきます。 当日は塚本さんグランドピアノ、ウッドベース、トランペット、トロンボーン、ドラムのジャズ編成で、アイサタとのコラボもあるかも?乞うご期待!   AISSATA KOUYATE JAPAN TOUR 2017 TOKYO LIVE 7月8日(土) @代官山 晴れたら空に豆まいて Open / Start   18:00 / 19:00 前売り 3000yen + 1drink 当日 3500yen + 1drink 予約/問い合わせ 晴れたら空に豆まいて 東京都渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2 03-5456-8880 info@mameromantic.com 出演 Aissata Kouyate with Laoulaou Bangoura ばるぼら Group de Laoulaou   AISSATA KOUYATE(アイサタ・クヤテ) ギニアのグリオ(吟遊詩人)の家系に生まれ、幼少時より伝統芸能に精通する。若くして歌手・ダンサーとしての才能が開花し、その歌唱力とダンスはヨーロッパで高い評価を得ている。世界的ミュージシャン“モリ・カンテ”氏と共に世界ツアーをするなど、多くのアーティストと共演し、“ジェンベの神様”ママディ・ケイタ氏のバンドメンバーとして来日経験も。その豊かな歌唱力と柔く力強いダンス、温かい人柄は、多くの人を魅了している。現在、フランス在住。   LaouLaou Bangoura /ラウラウ・バングーラ ギニアで最も有名なパーカッショングループ「ボカ・ジュニオール」でソリストを務めたのち2011年より東京に拠点を移し日本国内や韓国で各地でワークショップやライブを展開している。見る者を圧倒させ楽しませるジェンベプレイは各地で話題となっている!自身がギニアでプロデュースしたDVD、「wontanara」と「Bere na Matam vol.1&vol.2」、「Sanke […]

New!! 天空クラス

7月からスタート!TDF工房長によるニュークラス。   天空ジェンベクラス(モダンテクニック) 7/1(sat)  13:30 – 15:30 ムーブ町屋 7/15(sat)  19:00 – 21:00  文化センター   内容:マリやブルキナの現役トップミュージシャン(Makan Kone , Petit Adama Diarra , Harouna Dembele, Lamine Traore等そうそうたるメンバー)から教わったジェンベのトラディショナルの進化系、モダンテクニックに特化したクラス。 対象:パーカッション経験者向け 経験者 – ジェンベの演奏歴問わず、(主にマリのリズムの)ある程度ドゥンドゥンの演奏も含め、伝統的なジェンベのソロフレーズや曲を理解している方。もしくはそこへの理解欲のある方。 展望:難しくて叩けそうも無い、CDやライブなどで聴く「早く」「長く」「トリッキーで」「歌うような」きれいなジェンベフレーズを、ゆっくり、分解してじっくり取り組んでいつか自分のものにしよう! 個人練も大事ですが、人と一緒にやれる機会が大事です。 ましてや憧れるような難しいテクニックにチャレンジしたいけど、その練習に付き合ってもらうのも。。 、なんてもっとうまくなりたくてうずうずしているジェンベ猛者達の強化練習の場になればと思っております。 最終的にはクラスではなくて教え合って高めていきたいですが、まずは『場』つくりから。 曜日:土曜日 午後 もしくは 夜 場所:ムーブ町屋もしくは文化センター 料金:2500円(レンタルドラム無料 *要運搬) 求む!猛者達!      

「おたま」ふたたび!

先月ブログでTDFおたまジェンベについて書かせていただいたら、組みあがってる在庫がすべてご購入頂けたっていう、自称「駄ブロガー」佐々木です。 そんなわけですが、勿体つけるつもりもなく何となく組まなかったおたまくんをまたギチっと組んでみました。 赤とベージュのダブルクレイドルがいいでしょ。縦ロープは褐色のボディによく馴染む臙脂&ターコイズ&茶のコンビネーション4.5mmロープです。 シルエットは相変わらずの「おたま」ですが(笑) 口径は29.5cm。でも馬鹿に出来ない音だってことはもうしつこくなるから敢えて書きません。 例えば初めて参加するワークショップとかで、こいつをバッグから出した時の周囲の「小さいね」って反応と、叩き始めた時にこいつがしゃべり出した時の「凄!なに?あの低音!」って反応のギャップをどうか楽しんで頂きたいと切に願うのです。 昔、ラジカセで「バズーカ」ってのがありましたよね。 まさに重低音!こんな音です。 下クレイドルもダブルにしてます。   うっとおしい梅雨の時期も重たいジェンベ背負って移動が嫌!って方、特に小柄な女性などにおススメです。 Mali Dougoura 29.5cm/¥53,000

ブルキナ音楽祭

ブルキナファソの音楽を体験せよ!! 怒濤の3daysライブ 7月7日(金)ブルキナ音楽祭 出演 : Benoit Millogo  (Balafon, Kmale ngoni, Djembe, Ntama) Dafina Djeli  (Dundun, Khassonka Dunun, Drum set ) 藤井容 (Djembe, Calabash, percussion) タクミ(Tp, Donso ngoni, percussion) クミ(Tb, Balafon) ケン(Balafon, percussion) 場所 : 渋谷 イエネガ open : 19:00 start : 1st /19:30, 2nd / 20:30 charge : 投げ銭、要フード、ドリンクオーダー 席に限りがあります。ご予約はお早めに。 予約 : 090-8507-8728 (イエネガ)   ***************************** 7月8日(土)音楽大国“ブルキナファソ”からの贈り物 […]

DIY!Dundun is yours!

パキスタンより牛皮が入荷しました。 そしてそれに伴って「ジェンベに張るには」という理由で分別した皮を大放出いたします。なんと一枚1500円より! チームのドゥンドゥンが破れているけど、送料を考えると。。。なんてかた、みんなで張り替えにチャレンジしてみませんか? *通販の場合はこちらで皮を選ばせていただきます。ご了承下さい。   Cow Skin from Pakistan   ——-  2000yen Cow skin from Mali 6 piece set ———-   6000yen Thin Cow Skin from Pakistan  ———   1500yen

福岡の熱き鼓動(Mali lenke 33cm/DJ0415)

少年時代、一時夢中になった「めんたいロック」。 トミアジのアジ兄が今ときたま一緒にライブを演る梶浦さんはTHE MODSのドラマーで、僕が渋谷陽一のサウンドストリートでMODSのゴキゲンRADIOを聴いてビビっとしてしまい、最初に行ったライブは1982年2月26日埼玉商工会館、気合を入れて行った割にはドカジャン&ニュートラで周囲のガッツり皮ジャンとモヒカンで決めてる連中を見てショックを受けたもんです。過去をひも解くと井上陽水、チューリップ、郷ひろみ、甲斐バンド、海援隊、CHAGE&ASKA、松田聖子、長淵剛、チェッカーズ、、、近年ではKAN、MISIA、浜崎あゆみ、ナンバーガール、175R、草野マサムネ(スピッツ)、徳永英明、氷川きよし、椎名林檎、YUI、西内まりや、家入レオ・・・・ なんでなんですかね、、福岡がここまで極端にミュージシャンを排出してる理由は。 そんな福岡にはもう一つ「フォリカン」という1998年結成という老舗のアフリカンバンドがあって。 福岡・・・昔も今も熱い街ですね。 今回組んだジェンベはそんな福岡にあるソフトバンクホークスをイメージして組んでみました! ユニフォームの黄色・黒・グレーをモチーフに化粧してます。 牛皮ですが比較的薄めなので手への衝撃も最小限。痛くないです。 ここ最近使用してるリングはハガネの含有量が多い素材を使用してますのでとても硬く、極厚皮でもほとんで歪むことなく張り上げられてます。 ハーフネオミシュラン、カップのふくよかさの割にはレグがシュっとしていて綺麗なカービングとあいまって外人モデルさんのようですね。 下リングはハメコミ式の2段彫。リングも鉄筋剥きだしてます。 ふくよかなレンケ特有の陰影のはっきりしたサウンド。気持ちいいです。 7.8kgっていう超軽量なのも取り回しが楽チンでいいです。 一部牛皮特有のカスレてる部分があったので補強してます。極端にテンション上げない限り割れることはないですが、万が一半年以内に割れた場合は保証で修理代無料で交換しますのでご安心ください。 Mali lenke 33cm(DJ0415)/¥74,800    

B-Park!

B-Park BAMBARA BOYZ presents 太鼓大好きダンス大好き、バンバラ音楽大好きBボーイ達の集いB-Park! 日時 6月24日 土曜日 時間 18:00~22:00 料金 ¥2000+1ドリンク 場所 Yienega イェネガ渋谷   LIVE METAL GUNEE 日頃お世話になってる先輩でありアフリカ人よりも黒い特濃アフリカンミュージックMETAL GUINEE。 インド帰りのメタギ、どんなことになってるのか。 BAMBARA BOYZ わたしケンと嫁のクミ。 たった2人となってしまったバンバラボーイズはパーカッションリーダーダラマンジャバテとハーちゃんたくちゃんを迎えた野太いドゥンドゥンセット。 踊れるマリ音楽を目指します。 Yienega 渋谷  

OGATA YUUSUKE “Blemish”

    Blemish [動](他)((時に受身))〈肌・果物・名声などを〉傷つける, 汚す, そこなう. ━━[名][U][C](有形物の)きず;汚点;(道徳上の)欠点 a blemish on one’s career 経歴上の汚点.     何ともユウスケらしい世界観です。 ボロクルやTDFにお手伝いでも来てくれていた緒方佑介。 どこかに陰や刺を持ち合わせた彼の太鼓のプレーも大好きですが、そんな彼の描く絵もとても好きです。 *2016年のTDFTシャツは彼にデザインしてもらいました。 画家、緒方佑介の個展が1週間アフリカ屋で開催されます。 ぜひ足を運んでみて下さい。 Tシャツの販売もあるそうですよ! 2017 6.18 sun – 6.25 sun OGATA YUUSUKE       EXHIBITION 『Blemish』 open 11:00  close 19:00 *6.18 OPENING PARTY   18:00 – AFRICA – YA www.africa-ya.com 東京都荒川区町屋2−9−8

バラフォンワークショップ町屋

バラフォンワークショップ町屋 マリ製8鍵のミニサイズバラフォン。 手軽で持ち運びや置き場所にも困らないので結構おススメしていますが、どうやって楽しんだらいいかわからないという方や、バラフォンに少ーしは興味あるなぁ、なんて方に向けて、TDF工房のある町屋にてバラフォンワークショップを開催します。 日時 6月30日金曜日 時間 19:30~21:00 場所 ムーブ町屋音楽室 千代田線町屋駅ビル4階 料金 3,000円(バラフォンレンタル代込) 問合せ 08014375005(ナガミツ) 19:00に工房まで来ていただければ予約不要。 直接会場にお越しの方は事前に予約ください。 バラフォンの持ち込みは可能ですが音が違うと一緒に叩けないかもしれません。 お問い合わせください。 ホームページでもご紹介しましたがこの5音階のバラフォンは他の音階楽器に比べ使える音が少ない分演奏方法はシンプルで、初めての方にも始めやすく、何人かで合わせるとさらに楽しいです。   ペンタトニック(5音階)のバラフォン、バンバラバラフォンと呼んでいますが、バンバラだけではなくてボボ、セヌフォ、ミヤンガ、サンブラ、トゥシア、、、などなど数えきれないほどの民族が使っている音階のようです。 この楽器の出せる5つの音を使って、かなり色んな楽しみ方ができるんじゃないかと思います。 自分も見てきて習って練習して、まだ入り口に来たばかり。 とりあえずこの小さいバラフォン、ちょっと触ってみたり一緒に叩いてみたりいかがでしょうか。