太鼓を叩かないドラムクラス

加藤タクミによる『太鼓を叩かない』DRUM CLASS 日時 2月23日(水祝) 17:00-19:00 場所 アフリカ屋 荒川区町屋2-9-8 参加費 2000円 *焼き芋つき クラス後はバータイム突入です 内容 普段のレッスン中に話すいろんな事。 リズムののことや楽器のこと。向き合い方や自分が考えてること、人が考えてること。これレッスン中にやると太鼓叩く時間ないんです。。。笑 いつもは小出しに、思いつきで喋ってしまっていることを もう少し整理してお話ししたいと思います。 Q&Aももちろんやります。 考えが変われば演奏も変わる。 「アタマデッカチ」もいけませんが、 クラスの後『太鼓叩きてぇ!』って思ってもらえるよう頑張ります。 オンライン配信も予定してますが、やっぱり面と向かってやりたいので 配信のクオリティーはいまいちかも。。 ですのでできるだけ現場に来てください。焼き芋焼いて待ってます。 クラス後の話も絶対盛り上がるはず。 まあやってみて考えましょう。 お待ちしております。 *配信について 配信希望の方は事前にご入金(paypay またはクレジットカード決済)していただき、info@tokyodjembefactory.comまでメールで申し込みください。 配信URLをお送りします。FacebookまたはinstagramのDMからでも申し込みいただけます。 配信参加費:1500円 *クレジットカード決済ご希望の方は下記までメールしてください。info@tokyodjembefactory.com *PAYPAYでの決済ご希望の方

軽快(Vintage Senegal 34cm)

「セネガルのジェンベって、最近作られてるの、どんな感じだっけ?」 それこそ2000年代前半はカップが長くてレグが短く裾が大きく広がってるモダンなスタイルや、アブドライジャキテ師のジェンベスタイル(これは今も流通しているのは知ってます)があったけど、、、さてはて。。。。。 あ、そっか。 その時々の流行りとかはどうでもよくて、その時々で自分がいいと思ったのが最高なものなんだ。 だとしたら本当に自分がいいと思ったものを長く使っていってもらいたい。 というわけで、今回ご紹介するジェンベは筆者好みのセネガルビンテージジェンベです。 今、こういったレグの絵柄彫りジェンベ、ないっすよね。 このジェンベは15年ほど前にセネガル人ドラマーから譲り受けたものをフルレストアしました。 ☆カップにクラックがあったのを縫合 ☆エッジ角の自分好みカット調整 ☆リングを新しく製作 ☆ロープは国産の新色ロープに ☆足ゴム装着 クレイドルは鶯とターコイズのダブル仕様 浅めのカップで大口径なのでポップな中高音が出ます 軽量で高さが低いので立奏もよし、座って叩くときは叩き下ろす感じで個性を演出できます。 カップが浅めなので音量がどデカいジェンベとは違いますが、初級者も上級者も 楽しめるジェンベです。 ぜひ! Vintage Senegal 34cm/¥49,800