Michelin of evolution

初代ミシュラン誕生から10年。 TDF2017年モデルでFull Decorated “michelin”として進化したNEOミシュランは、その存在感を更に強めました。 先日敢えてクレイドルを少なめにして組んだ「2フィンガーlenkeミシュラン」に加えて、今回は真逆の「ダブルクレイドルDjarraミシュラン」で組んでみました。  右のlenkeについては加藤工房長がブログで解説してくれてます。 さて更に進化したのジャラですが 余韻で聴かす先代と比較して厚めのセネガル皮をダブルクレイドルでがっちり張り込みましたので「ガツっと鳴らす」ソロ向けとなってます。 口径は32.5cm、高さは58cmと少し低め。重さ8.6kgはジャラ材としては決して重くないと思います。 クレイドルの数も多めなので先代と比べてボディの彫は見えにくくなってますが、茶褐色のジャラ材に茶系のロープをセレクトしましたので効果的な「チラ見せ」となっております。 レグのミシュランカービングも完成度高いです。 さて。 今回特別にミシュランもTo you SALEに合せて値下げしちゃいます。 右側(Michelin Lenke 33cm(DJ0466)):¥73,200→¥65,880 左側(Michelin Djarra32.5cm(DJ0483):¥76,800→¥69,120   ご興味ある方はメールにてお問い合わせください。

理想のアンサンブル

みんなで輪になって大勢で楽しむ太鼓。 いろんな音があって、いろんなリズムがあって、 それが不思議と一体となって、何とも言えないグルーブが生まれる。 太鼓の醍醐味の一つです。 今日紹介するのは、その醍醐味の横にある、少ない人数で、小回りの効く、会話を楽しむような演奏をしたいグループにとてもお勧めなアンサンブルスタートセットです。 アコンパイマ1、アコンパイマ2、ドゥンドゥン/サンバン/ケンケニパートがあるというような教則本のスタイルではなく、現地で演奏しているあの感じ。 少人数で生きる倍音のグラデーションがうねりを生む。 よくアフリカでは太鼓が言葉で、会話や情報伝達手段と言われますが、大勢の宴会での会話や、スピーチ大会、又は独演会ではなく、3人の気の合う仲間で途切れる事の無いような会話を楽しむようなそんなアンサンブルを太鼓で。 なかなか1人では始められないニュースタイル。 楽器をみんなでそろえて始めてみませんか? Mali Style Set    ——-    14,6400yen     100,000yen

interview vol.2 生活と太鼓の相関図

  生活の中にあるジェンベ。 ジェンベの魅力に取り付かれた人や、そうでもない人達に 『あなたとジェンベの関係性』 を根掘り葉掘り聞いてまわろう とスタートしたインタビュー企画。 第2回は、2004年にTDF工房長がカリフォルニアで参加した『Tambacounda Camp』で知り合って以降交流があり、現在来日中のジェシー君ことJESSEにインタビューしてみました。 インタビュー記事はこちらから

見た目で選びましょう。

最近はプレーンなボディのジェンベがお気に入りです。 ジェンベを探してる方で、音質と重さ大きさを重視してる方はもちろん多いんですが、もし迷ったら是非とも「とりあえず見た目」でいってもらいたいなと思います。 いつもそばに置いておきたいような一本を見つけられたら、多少難しくても使いたくなるはず。 音のつくりとか使い方は後から考えましょう。TDFの商品のラインナップは今は大胆な彫りが施されたタイプがほとんどですが、たまに現れるシンプルなマリジェンベは何年か前のモデルです。 数は残っていませんし正直目新しくもないですが、今見たらやっぱカッコイイなと思います。 Mali Dougoura 35cm(DJ0467) こちらは足を少し切ってカップの下部にリングの溝を掘って仕上げたもの。 ロープの色使いでかなりフレッシュな印象になりますね。 カスタマイズがしやすいのもプレーンボディならではの楽しみです。 USED Mali Dougoura 34cm(DJ0475) 荒く仕上げられた表面もそそります。この潔さ。カッコイイです。 口径がそこそこ大きくて厚みのあるボディはわりと叩きごたえあります。 ちゃらいやつはいません。 Mali Djarra 35.5cm こちらは更にヘビーなお宝ボディ。 ジャラの木目が際立つよう、目の細かいサンドペーパーでオイルを染み込ませながら油研ぎで仕上げました。 ピカピカではなくて鈍く輝く木材の表面が魅力。 メタリックなむき出しのステンレスリングと足にはラバーパットを接着することでサイレントに長く美しく使えるように仕上げました。こちらは工房長の私物。工房の二階の隅に転がっているかなり古いセネガルジェンベです。。 文句なしのカッコよさ。 大きくて重いです。 見ての通り実戦投入はされてないようです。工房の二階にまだ残っていたゲニのプレーンボディ。 どんなふうに仕上げるか、考えるのが楽しみです・・・ シンプルなボディにロープ選びで軽く味付けするぐらいがしっくりきます。

JESSE&tamtam楽団

ちょっと急ですが、現在来日中のカリフォルニア在住のジェシー君とライブする事になりました。 言葉を交わすかのようにパワフルで説得力のある彼のプレイ、是非ご堪能下さい。   7月1日(日) 早稲田RiNen 東西線「早稲田駅」1番出口徒歩30秒 open18:30/start19:00 MusicCharge 2000円+1D別 出演 Simsinba Roger julbain with active CAMBATOUNDA カリフォルニア在住ジェンベ奏者JESSEをむかえ、TAMTAM楽団のメンバー(春山友志/加藤タクミ/日光)によるこの日限りの幻ダンスパーカッションユニット。ミニマルでシンプルな西アフリカトラッドをおとどけします。        

13年目の熟BODY(Mali Gueni 33cm)

今回To you SALEでお得なジェンベとしてノミネートしましたMali Gueni 33cmのジェンベ。 実は世界を席巻したジェンベ工房「KANGABA」から2005年入荷したゲニ材ボディをフルレストアした、切り出しから13年を経た熟成BODYの貴重なジェンベです。 そんな肉厚のハイクオリティな桶に、これまた厚い白皮を張りました。雄と雄(you&you)が織りなすぶ厚いサウンドが何よりこのジェンベの魅力です。 カンカンに張り込んだパキパキのジェンベの良さも捨てがたいですが、例えばアコースティックギターとライブする際などジェンベを合せる時にパキパキだとどうしても「音が強すぎる」傾向にあります。そんな時このジェンベのような野太い中低音がバッチリマッチします。 佇まいも古すぎずモダン過ぎない「いい塩梅」です。 リングは敢えて皮を被せてみました。 今回何と61,800yenが → 52,500 yenに。 絶対に見逃すべきではないと思います。 Mali Gueni 33cm(DJ0460)/¥52,500

初心者向けバラフォンワークショップ

7月は13日金曜日。 ペンタトニックミニバラフォンを使ったワークショップ。 今は売り切れていますが次回入荷予定もあります。 トライしてみたい方は是非どうぞ~ TDFで取り扱う手軽8鍵のマリ製ミニバンバラバラフォン。   一度チャレンジしてみたい方にはもちろん楽器を買ったけどどうやって楽しんだらいいかわからないという方や、一度叩いてみてから購入を考えたい方にむけて、TDF工房のある町屋でバラフォンワークショップを開催しています。   バンバラ独特の「メロディーの特徴」と「リズムの特徴」が両方味わえるバラフォン音楽をミニバラフォンを使ってじっくり勉強して楽しんでます。   初心者歓迎です。 バラフォンを触ったことも見たこともない方もwelcome!   バラフォンワークショップ   日時 7月813日金曜日   時間 19:30~21:00   場所 町屋ふれあい館二階音楽室   料金 2500円(バラフォンレンタル代500円)   問合せ 03-5604-9447

To you SALE!!

本日よりスタートです。以下のジェンベのほか、様々なカテゴリーコンビでのSALEもあります。乞うご期待! ★ジェンベの音色で気持ちよくなりたい貴方、、、To you Mali Djarra 34cm(DJ0443) 打面 34cm、高さ60.5cm、重量8.4kg 71,800 yen→61,000yen 詳細ブログ ★バランスのよい3音が出したい貴方へ、、、To you Mali Lenke 34cm(DJ0461) 打面 34cm、高さ65cm、重量9.3kg 71,800 yen→61,000yen 詳細ブログ ★太い音色でアコースティックギターと合わせたい貴方へ、、To you Mali Gueni 33cm(DJ0460) 打面 33cm、高さ61cm、重量8.3kg 61,800 yen→52,500yen 詳細ブログ ★大爆音で鳴らしまくりたい貴方へ、、、、To you Guinea Lenke 34cm(DJ0468) 打面 34cm、高さ61cm、重量8.4kg 51,800 yen→44,000yen 詳細ブログ

7/7(sat) MOJADA 2

関東中からアツいグループが集結! オーガナイザーのモジャが企画するアフリカンダンスイベント 『MOJADA』 今年で2回目を迎え、出演グループも超豪華! いいイベントになりそうです。ぜひ!   7/7(土) MOJADA 2 高田馬場音部屋スクエア http://otoheyasquare.com/map 16:30 OPEN 17:00 START 21:30 STAGE END 22:30 CLOSE 【料金、drink】 DOOR:4000yen 2drinkチケットつき DRINK:1drink 300yen FOOD:乾きもの・つまみ系を会場で用意(FREE) 持ち込みは自由。 【出演チーム】 アフリカングルーヴ アニチェ 日光 with Bolokuru メタルギニー アフリカサカバ FATIMATAあぞんと部 トーキョー☆ゴルゴル ティレティレアフリカ 【DJ】 NOKKOS Tapalapa ドンタコス子 ※休憩室について 別階に休憩室を用意しています 休憩・授乳・おむつ替えなどにご利用ください (男性はノックしてね)

コンガのリペア

蒸し暑いですね。いよいよ東京も梅雨を迎えたようです。 梅雨が終われば夏ですね!! 夏はイベントいっぱい。今のうちに早めに楽器のメンテをお勧めします!! 今日は最近TDFでにわかに受注の多いコンガやボンゴなどのラテンパーカッションのアフリカ産の牛皮への張り替え。 石灰処理した皮や毛付きの生皮(ブガラブーやドゥンドゥン用のもの)など厚みもいろいろ選べます。   『Repair』のページへ こちらは廃業したスタジオからいただいたものだそうで、皮の張り替えとパーツの研磨を行ないました。 ジェンベ以外の楽器の修理も楽しいですね。 もうどうしようもないだろうなあと思ってしまってある楽器、ぜひ一度お問い合わせ下さい。 最大限修理いたします。

改めまして。海合宿!!

さすがのラウラウの人脈。いま西海岸で一番人気のあるアフリカンダンサー、ナビィがコロンビアのキャンプ前にこころよく来日を決めてくれました。 ギニアで最も有名な私設舞踊団のひとつ「メルベ・デ・ギニー」のダンサーで、その美しくエネルギッシュでスタイリッシュなダンスはさることながら、クラスの上手さには定評があります。 またコレオグラファーとしての能力も高く、新鮮かつ楽しい振りにも出会えることと思います。 ユスフが来れなくて残念ですが、これは 『災い転じて福となす』 ですよ!海合宿、スケジュール、料金ともに変更ありません。 自信もって満足いただけると思います。 言うまでもなく、単発のワークショップとは違う 『合宿』の醍醐味。 徹底的に、 『身に付く』 『遊ぶ』 『交流する時間』 があることで最高の思い出になる事間違い無しです。   合宿では、1つ1つのレッスンにしっかりしたコンセプトを設定し、通して習う事によって1つ完成させるような合宿になってます。 チームで理解出来るよう、ラウラウによる特別なドラムレッスンもあります。ダンスとドラムの関わりをより深く習得出来るチャンスだと思います。 何より、『夏』に『海』で『ラウラウの音』で『ナビィと踊れる』これは間違いなく楽しみです!   お申し込み/お問い合わせは info@tokyodjembefactory.com までお早めに。                

海合宿 講師変更のお知らせ

誠に残念なお知らせです。 この度来日予定だったユスフですが、パスポートの記載事項に不備があったため、来日できなくなってしまいました。。 合宿申込いただいていた方、参加を楽しみにしていた方、関係者各位、ご迷惑おかけして大変申し訳ございません。 主催のラウラウも大変残念がっておりましたが、本人としては代講アーティストでの合宿開催を熱望しています。 現在数名のアーティストと交渉中です。なので TDF海合宿は日程変わらず開催します!   決まり次第情報アップいたしますので、是非お見逃し無く!