29日は中抜け営業

思っていたよりも台風のスピードが早く、また工房の浸水被害も少なかったので本日29日は通常通り12時OPENしました。しかしながら午後イベントなどもあり15時から17時までいったん閉めて中抜け営業します。 お急ぎのご用命は佐々木までご連絡ください。 ゼロハチゼロ5434-6242 です。 よろしくお願いいたします。  

ジェンベ女子オールスター

昨夜はラウラウバングーラ監修、ジェンベ女子達のグループ「ギネハナムン」のライブ見に行ってきました。 ここ最近はTDF周辺でも 「アマゾネスどう?」 なんて話題がよくでてきて注目度も高かったんです。もともとはユスフクンバサの東京ライブの前座として設定されてたステージ。 リーダーのオマツとラウラウの声掛けで県内県外からジェンベ女子達が集結しました。 なんやろうこの感じ、出演者だけじゃなくて観る方も一緒になって熱狂するこの感じ。 嫁さんとか友達ががんばってるから? それだけじゃなくて彼女達の真剣度がビンビン伝わってくるステージやったからですかね。 リハーサル段階からこの経過を追ってたりとかすると感動も倍増でした。 何かに熱中してる姿は感動を生みますね。 見る側も真剣。 ひさしぶりにかなりワクワクしたライブでした。 ユスフは残念でしたが、もはやこちらが本命やったのかも。 とは言え先生方のライブはやっぱり圧巻でした。        

バラフォンLet’s try

毎月どこかの金曜夜に開催してますバラフォンワークショップ。 8月はお盆明け17日の金曜日です。 8鍵のミニバラフォンはただいま品切れ中で次回入荷はもう少し先の予定です。 そういうわけでここ何回かは16鍵のマンデンバラフォンをミックスしてやってたのですが、やっぱりペンタトニックバラフォンの音が欲しいので、自分用に二台ほど購入してみました。 ただいま製作中。 届くのが楽しみです。 初めての方、挑戦してみたい方も歓迎です。 TDFで取り扱う手軽8鍵のマリ製ミニバンバラバラフォン。   一度チャレンジしてみたい方にはもちろん楽器を買ったけどどうやって楽しんだらいいかわからないという方や、一度叩いてみてから購入を考えたい方にむけて、TDF工房のある町屋でバラフォンワークショップを開催しています。   バンバラ独特の「メロディーの特徴」と「リズムの特徴」が両方味わえるバラフォン音楽をミニバラフォンを使ってじっくり勉強して楽しんでます。   初心者歓迎です。 バラフォンを触ったことも見たこともない方もwelcome!   バラフォンワークショップ   日時 8月17日金曜日   時間 19:30~21:00(延長することが多いです)   場所 町屋ふれあい館二階音楽室   料金 2500円(バラフォンレンタル代500円)   問合せ 03-5604-9447

アップデート

久しぶりに一本商品のジェンベを組みました。 昨年末ぐらいに工房の二階からピックアップしてきたお宝級極上ボディ。 最近気になるプレーンな飾りのないやつです。 自分が商品を組むことは少ないので、どうせなら気に入ったボディに色々新しい仕様を仕込んでみました。 普段色々なジェンベを見たり触ったりして気になる工夫を一度形にしてみたくて商品に反映したのでご紹介。 いずれも言われなかったら気付かないぐらいの違いなんですが。 ボディ研磨 とりあえず時間が空いた時にひたすらゴシゴシ磨きを入れてきました。 ジャラは木材自体がきめ細かく、磨いた時に出る艶が美しい素材です。 1000番以降はオイルを染み込ませつつ研いで行きます。仕上げには「荏油」という植物油を使用しました。(普段はシアバターを含むミックス) 研いだ粉が油で固まってこの溝に埋まっていくことで凹凸がなくなっていて自然な艶がでます。 ニスによって塗膜を重ねて出す艶とは違います。ピカピカにはなりません。 あとキズやヘコミも簡単に入ります。 あくまで木材がもともと持ってる魅力と使い込んでいくことで出てくる経年変化と付き合ってもらえるような仕上げです。 ラバーパット もう一つボディに加えたこととして「ラバーパット」という仕様に挑戦してみました。 ジェンベは長く使っていくとレッグの地面に着く部分は擦れて削れたり、衝撃で割れたりすることがあります。 これをを防ぐためにバイクのタイヤを釘で打ち付けて補強したりします。 これがなかなかいかつくてかっこいいのですが、せっかくのプレーンボディには合わないので、今回は10mmの厚みのゴムシートを加工して「接着」しています。釘でボディを傷つける心配がないし個人的には「レッグの裾が黒くなっただけ」に見えるスマートな見た目が気に入っています。   ステンレスリング リングにはステンレスリングを採用してみました。 ちなみにいつも使ってるのはスチール(鋼)リングです。 ステンレスの良さは強度と耐食性。錆びにくいのでずっとピカピカしています。 実際加工してみるとわかるのですが変形しにくいです。 いつもよりも少し細いリングを使用しています。 変形しにくいということはロープを引っ張って皮を張っていく過程で、力が一点に集中せずにバランスよくリングを落としていけるということかもしれません(微妙な違いですが) あとはリングの直径を1㎜細いものにすることでボディからでっぱりが少なく、すっきりした見た目に仕上がっています。(かなり微妙な違いですが) ステンレスは長く使っていくにつれ効果が実感できるはずです。 左がスチールリング7mm右がステンレスリング6mm。 目に見えないコダワリこそが男心をくすぐるのです。 皮はセネガルの少し集めのヤギ皮を選びました。 ジャラの特徴とカップの大きなマリジェンベの性質をあわせもった色気のある音質です。 僕の好きなアメリカのジェンベ工房「ドラムスカル」や工房長の務めていた「マザーランド」のジェンベづくりも参考にしつつ、見た目や素材感も長く楽しめる仕様を考えてみました。使えば使う程味わい深く自分だけの物になっていくはず。 それが Mali Djarra 35.5cm(DJ0482)/¥84000 以上ジェンベの見た目を楽しむためのアップデートでした!

いい音(Mali Djarra 34cm)

先日TVで「くじらの鳴き声を聞くとよく眠れる」という実験をやっていて、ある人はすぐ眠りに着いたが、ある人はなかなか眠れなかったようで、音の感じ方や好みは千差万別。 ジェンベの音も「パキパキ」した歯切れのよい音が好きな人もいれば「トゥンドゥン」とした太い中低音が好きな人もいて、一言で「いい音」とくくるのは難しい。 が、工房内に在庫しているジェンベの中でおそらく一番「これ、いい音ですね」と言われた回数ナンバーワンがこのマリ製ジャラ材ジェンベです。 最初に書いておきますが、現状重さ10kgあります。沢山の方にお勧めしたいのですが、ここはひとつグッと堪えて「車を持っている方」に限定しておススメします。電車での移動はがっちりしたカートに乗せないとかなりキツいです。 くっきりして、なおかつ柔和な音色が得られるマリの白ぶち皮を乗せました。 クレイドルは敢えてシングルの1.5フィンガー。自然な響きが得られてます。 ダンスクラスでのリードや大勢で叩く際のソロ通しに絶大な威力を発揮します。長時間叩く事が多いそんなときに、しっかりホールドできる足ゴムは便利です。こちらボディへの損傷を最小限にする横釘無しの足ゴムを装着しました。 音質、音量ともに高い次元っていうことはどんなシーンでも「力まずに自然体で叩ける」ので、更に音質・音量に磨きがかかるという相乗効果が期待できるのです。 今回SALE追加特別¥64,800を10%引きで¥58,320でご提供。 Mali Djarra 34cm(DJ0469)/¥64,800→¥58,320   この機会にぜひ。

ジェンベバッグ再入荷しました。

サイズが欠けていました定番ジェンベバッグが再入荷しました。 今回はベージュ×ブラック、ベージュ×グレー、グレー×ブラックの3タイプ。ベージュ×グレーのみ口径~32cmぐらいまでの小ぶりなジェンベ用にXLサイズを用意しています。 ※サイズ表記がわかりにくいですが、XXLが大き目、XLが小さ目のジェンベ用と考えてもらって大丈夫です。 サイズはこの2種類だけです。 TDFで長く定番のこのジェンベバッグは神戸のジェンベショップ「メットリー」の商品にカラーを別注して作ってもらっているもの。 インドネシア製で品質が安定している上に低価格なのが魅力。 普段ジェンベを持ち運びする方はとりあえず一本持っておいて損はないです。 表地はナイロン裏地と表地の間にはウレタンパットが入っているのである程度の衝撃や急な雨にも耐えられます。 バッグだけでも自立するため出し入れも楽。 使っていると思いますが、出し入れしやすさは意外と重要です。 素材自体が丈夫なので大事に使えば長持ちしてくれるはず。 価格も含めてヘビーユーザーには嬉しいバッグです。 Djembebag Grey/Beige XL(BG-05) Djembebag Grey/Black XXL(BG-04) Djembebag Grey/Beige XXL(BG-03) Djembebag Black/Beige XXL(BG-02)

決勝戦といえば・・

クロアチア、痺れる試合続きでしたが勝ちましたね。 決勝戦はフランス対クロアチアですね。 僕はサッカー未経験なんで詳しいことは分からないんですが、どうもやはり日本人気質なんで苦労して登ってきたクロアチアを応援しちゃうんですよね。僕が学生の時はガンガン内戦してましたしね。 決勝戦と言えばサッカーでなく野球育ちの僕には「ドカベン」の高一夏のいわき東高校との決勝戦が思い出されます。土佐丸高校(今考えるとおよそ高校生とは思えない)との激戦などで勝ち上がってきた明訓高校に対して、苦労人ではあるがエース緒方くんの圧倒的フォークボールで順当に勝ち上がってきた福島代表のいわき東高校。 結局野球漫画あるあるらしく岩鬼のとんでもないホームランで2対1で明訓が優勝するんですがね。 さーフランス対クロアチアはTDF海合宿真っ最中の16日深夜0時!!!!!! 合宿所、盛り上がるでしょうね。 楽しみです。

おたま、ふたたび(Mali Dougoura Tadpole29cm)

中型軽量、なのに重低音で密かにご好評頂いてる「おたまシリーズ」 重低音の秘密はコチラをご参照ください。 今回の新作は渋めの「茶たまるくん」です。 下から覗くと何とキュート! 相変わらずの「おたまフォルム」です。 クレイドルは茶とベージュのダブル。 今回は厚めの白いセネガル皮を張りました。 ピッチの低い低音の重厚感は相変わらず、セネガル皮特有のハッキリした輪郭の高音と相性がいいです。 クラシカルなボトムのカービング。使うほどに黒くなってゆくドゥグラ材ですのでどんどん良くなっていきます。 驚異の軽量5.8kg、特に電車での持ち運びの頻度が高い女性におススメです。 Mali Dougoura 29cm(DJ0484)/¥52,900

海合宿〆切りせまる

さあいよいよ7月です。 先日のCamba Toundeライブも大盛況でご来場いただいた方、本当にありがとうございました。 今週末は『MOJADA2』です。関東中からいいチームが参加します。こちらもお見逃し無く。 と、驚異的な早さで梅雨も終わり、夏に突入し、駆け抜けるように全国各地でイベント盛りだくさんですが、夏と言えば、 『TDF海合宿』7/14−16 今年はスペシャルな内容で、カリフォルニアからナビィバングーラが来日し、ラウラウと濃縮な3日間。 単発のワークもいいですが、合宿で得るものは本当に身に付きます。全国から集まって、夜な夜な近況報告や、新しい出会いが出来るのも合宿の醍醐味です。 合宿詳細はこちら 申し込み〆切り 7月7日(土)まで メールか電話にて ご予約まだの方は是非お急ぎ下さい! ご予約/問い合わせ info@tokyodjembefactory.com / 03-5604-9447 (TDF 合宿問い合わせ)