8月 鹿児島から始まり 種子島 熊本 人吉 宮崎 都城 東京戻って テーラーの娘っ子とプール 三重 熊野 名古屋 豊橋 関わってくれた皆様 本当にありがとうございました! 本当にいい夏でした。 まだまだ今年も駆け抜けます。

8月後半の工房営業予定

明日からの紀州ツアーに向けて、今朝加藤家&Hちゃんが出発しました。 ツアーに伴い町屋工房の営業時間が変則になります。ご来訪いただく際はお電話で確認の上お越しください。 8月20日(火) お休み 8月21日(水) 18時から19時 8月22日(木) 12時から19時 8月23日(金) 12時から19時 8月24日(土) お休み 以上、よろしくお願いします。

ラスト1本!

暑いですね~ 梅雨明けのこの時期、破れたり湿気でダメージを受けたジェンベがたくさん届きます。 TDFは一年のがんばりどころです。 そんな中ですが商品もだいぶ少なくなってきたので一本新作を組みました。 個人的にとくにお気に入りのコートジボワール製のレンケジェンベ。 コートジワールのジェンベと言えば昔から「イロコ」という木材を使うのがお決まりでした。 ここ最近でこのレンケとか、ドラムスカルではジャラのボディをぽつぽつ見ます。 木材調達の事情ははっきりいって全然わからない(笑)のですがTDFのコートジ製レンケボディはマリの工房で買い付けたものの一部を譲ってもらったもので、レギュラーで扱っているものではありません。 ですから数量限定で入荷したこのシリーズ、これが最後の一本です。 レンケ材といっても音の特徴はコートジスタイルをイメージしてもらいいと思います。 柔らかくてメロディアスな音色です。 ジェンベと言えばギニア、マリが「本場」だと思ってる方が多いですね。自分もそう思います。 コートジジェンベは歴史が浅いんじゃないかと推測してますが、他にない良さがあるんですよね~ 僕の大好きな、トマゲイ、アルーナ、ペティアダマ3人のステージ、この三人は基本コートジジェンベです。 こんな風にジェンベを叩いてみたい。弾いてみたいです。 今回はマリ産ヤギの少し厚みのあるものをパキっと載せてみました。 前回組んだコートジレンケにチョイスしたのは牛皮で、これまた相性よく鳴ってくれていたのですが。 自分で使うのなら断然ヤギ皮なんです。 叩いて楽しい、ジェンベの旨みを余すことなく味わうなら断然ヤギです。 その点で言えば特にマリ産厚ヤギは極上ですね。 皮のチョイスは使う状況によって何がベストか変わるのかなと思ってます。 化粧ロープがまた似合うんですよね。重くなりますし、あとからチューニングも面倒ですが、ここは便利さよりもカッコよさを取りたい。 自己満足に振り切った仕様で組みました。 そんなコートジレンケもラスト一本。 うーん自分で使いたい。 Cote’d’voire Lenke 32cm(DJ0524) ¥69800  

真夏の野外奈良道場、予定通り実施します。

晴! 17年間、いつもこの日の朝明けとともに「実施の可否」をこうして書き込んできました。 そして、今年も晴れます。 もはやこれは晴れ男、とか晴れ女、とかの次元ではない気がします。 何か。 そう、見えない何かが作用してる。   という訳で予定通り実施します。 これから、たあさん号に椅子50脚積んで、バモス号にレンタルジェンベ25本とドゥンセット積んで出かけます。