全大宴通信アーカイヴ

もうこの際「ジェンベ芸人」を名乗っちゃおうって佐々木です。 ナイスジェンベ!って。 (両手を開いて、右手は打面、左手はヤァって感じで手のひらを見せて、のポーズ) 来週はもう12月ですね。 既に通信も8まできました。 これからも週一以上のペースで上げていきますね。 ☆☆全大宴動画配信アーカイヴ☆☆ ■全大宴とは ■全大宴通信vol.1(全大宴、その経緯と概要) ■全大宴通信2(vol.1出演の12チームの概要をお伝え) ■全大宴通信3(山口&八幡ジャンベ交流会のご紹介) ■全大宴通信4(種子島HONACA AFRICAのご紹介) ■全大宴通信5前編(八戸ジェンベ部のご紹介) ■全大宴通信5後編(八戸ジェンベ部のご紹介2) ■全大宴通信6(アラカリ&セッセカモンのご紹介) ■全大宴通信 番外編 ■全大宴通信7(タムタムマンディング糸島紹介) ■全大宴通信8(仙台ベージャンのご紹介・前編) ■全大宴通信8(仙台ベージャンのご紹介・後編) ■全大宴通信9(品川ジェンベクラブのご紹介) ■全大宴通信10(Tama African Sapporoのご紹介) ■全大宴通信11(テーマソング) ■全大宴通信12(ドゥニヤカン紹介・前編) ■全大宴通信12(ドゥニヤカン紹介・後編) ■全大宴通信13(つるもく紹介) ■全大宴通信外伝(武田ヒロユキさん)   ■全大宴通信14(アフリカ新座 紹介)

全大宴を応援!

出演の全12チーム総勢約100名、早いチームでは発表演奏まであと2か月切りました。 チームの発表全体における自分の役割や、ソロ叩く人は「どんなフレーズ叩こうか?」など、興奮と発奮、また時々落ち込み(笑)を繰り返していると思います。 そんなプロセスが本当に大切だって思います。 人生においてでも。   どうか皆さん、配信当日はそんな生徒さんたちの演奏に、映像を通してですが声援を送ってくださいね。   佐々木も全大宴通信を通して盛り上がってます。 春先のあの頃のことを思えば ニサンニチ寝なくても全然へっちゃらです。   以下、お願いです。 チームの発表もですが、、、、 そんな佐々木を「しゃーねーなー」って感じで応援しください。 クラウゾFUNDING ガンバレ佐々木  応援キャンペーン! 世界で一番ジェンベを愛してるって宣う男、佐々木にどうかチカラをお与えください。 ささやかではございますが、以下返礼でございます。 ①1,000円から応援! 作成中の全大宴のテーマソングメイキング映像(非公開)をお届けします。 ★銀行振り込みは ジャパンネット銀行 ビジネス営業部支店 普通 3618774 東京ジェンベファクトリー 佐々木秀人 宛 ★paypayはpaypayQRコードから(金額をご入力ください) ★LINEペイ(金額をご入力ください)↓ https://lin.ee/aL9DZf6 またTDFの工房、町屋のアフリカ屋でも直接お受けいたします。 なおお手数ですが御心頂きましたら佐々木までご一報ください。 tdfsasaki@gmail.com   どうぞよろしくお願いいたします。  

全大宴通信5

全国ジェンベ大発表宴会vol.1に出演する12チームのご紹介を 様々な角度からお届けしようという全大宴通信。 今回は八戸ジェンベ部のご紹介を、講師でありTDFジェンベの昔から愛用してくれている羽田修さん(サム助さん)のジェンベと八戸メンバーへのアツい想いを語ってもらってる映像中心の前編と、 サム助さんが2002年から6年間もの間、毎年八戸へ東京から招聘して合宿「アフグル合宿」を行っていた講師の武田ひろゆきさんにサム助と八戸メンバーについてインタビューしてきた映像中心の後編との 2部構成でお届けします。 武田さんにはこれとは別に、日本のジェンベ界のことやコロナ禍に於けるこれからなどについても語っていただきました。 そちらは別の機会にまたお届けしたいと思います。

沢庵な音

11月30日(月) Open:19:00 LIVE:2部制 投げ銭 陽(Hinata) (Voice) MIO (gt) 塚本慎一 (Key) ひょうたん娘 aka 群青ムソとタクミ Food & Drink:沢庵 場所:アフリカ屋 町屋2-9-8 町屋のスーパー美味しくてスーパーくつろげる呑み処『沢庵』とアフリカ屋の初のコラボイベント。 ライブは沢庵の看板娘、陽(Hinata)ちゃんとひょうたん娘に塚本さん、私タクミとかなりレアなメンツでお送りします。 平日の夜ではありますが、ぜひお見逃しなく!

全大宴通信vol.1

全大宴(全国ジェンベ大発表宴会)は今までなかったものなので一言で「どんなものか」を説明することが難しい。 何がキッカケで、どうしてやろうと思ったのか、どんなことが行われるのか?を動画で説明しようと解説してたら30分超えちゃいました。 後半、カットカット(笑) これから週1から2のペースで全大宴にまつわるアレコレをお伝えしていきます。 乞うご期待

パンドラの箱(ご寄付のお願い)

アラカリ大ちゃんがアフリカモンの生配信で「パンドラの箱を開けた」って称した全国ジェンベ大発表宴会。 箱を開けて放たれた厄災は今回のコロナであり、箱の底に残った「希望」は「ジェンベを仲介とした人々の繋がり」。 実際会って一緒に叩くにはまだまだ時間がかかるけど、キモチを佐々木というツールを使って映像を通して伝えあう、というのがこの全国ジェンベ大発表宴会の趣旨なのです。 そう、まさにパンドラちゃんはわたくしなのかもしれません。 大ちゃん、いい得て妙。 というわけで、どうせ箱を開けるならコロナで失いつつあったジェンベ叩く動機づけをジェンベのコアファンに再度持ってもらう主目的だけでなく、音楽好きとか楽器好きとかジェンベ未経験の方にも見てもらって「ジェンベって楽しそう!」って思ってもらえる楽しい生配信にすべく当日の再生回数5,000回!を目標にしていこうと思います。 —全国ジェンベ大発表宴会へのご寄付のお願い— 今イベントの起案経緯はこちらをご覧ください。 11月に入り、各チームの練習が始まりました。 各チーム同士の気持ちを届けあい、そして参加していない、もしくはジェンベを叩いたこともない方のココロにも届く演奏を、掛け値なしで伝えられるクオリティの高い映像にするために佐々木が1月から2月にかけて北海道から種子島まで周り、撮影していきます。そのための撮影機器をいま遮二無二なって買ってます。 また各地を回る交通費もかなりな額になります。 そこで全大宴初期運営資金のご寄付をお願いしたいと思います。 金額は問いません。 銀行振り込みは ジャパンネット銀行 ビジネス営業部支店 普通 3618774  東京ジェンベファクトリー 佐々木秀人 宛 paypayはpaypayQRコード LINEペイはこちらのURLから↓ https://lin.ee/aL9DZf6 またTDFの工房、町屋のアフリカ屋でも直接お受けいたします。 なおお手数ですが御心頂きましたら佐々木までご一報ください。 tdfsasaki@gmail.com お礼は考え中ですが、今テーマソングを製作中ですので、そちらのメイキング映像(一般公開はしません)をお送りします。 どうぞよろしくお願いいたします。

今週の工房

11月3日の鹿児島からゴヒさんを招いての群青バマコセッションズDUOのライブ@アフリカ屋は最高でした! この勢いそのままに今朝タクミと日光、ゴヒさんの3名で大阪へ向かいまして、明日から大阪でライブやワークショップなど、打サミ終わって久しい関西を荒らしてきますね(笑) という訳で今週の工房は変則営業になります。 11月13日(金)15:00-19:00 11月14日(土)12:00-19:00 11月15日(日)定休日 なおお越しいただく際は佐々木までご一報ください。 tdfsasaki@gmail.com ゼロハチゼロ-5434-6242 よろしくお願いいたします。

素材の極み(Mali Lenke 34.5cm)

高貴な色と言われている紫 しかしながら昔で言えば不良は紫の特攻服とか着てたし プリンスもパープレインの頃は荒々しくて整然とはしてなかったところが魅力だったし、どうしても「高貴」というイメージがなかったですね。 花で言えば藤とか桔梗とか、どちらかというと地味で落ち着いた、悪く言うと若者たちから見ればひまわりや桜と違って「パッとしない」花でした。 しかし大人になってみて、それは「品」であり「秘めた美しさ」ということに気づいた、というかこちらの見る目が変わったんだと思います。 例によって長い前置きでしたが、今回の新作ジェンベは秘めたる闘志と性能を紫で表現したマリジェンベです。 思えば2000年代前半のマリジェンベでたまに見た紫のロープ。 どうしてもアースカラーやラスタカラー系の方向に向けられがちなジェンベの色系、このジェンベは思いっきりパープルで統一しました。 今回の工夫した点はサウンドの「奥深さ」です。 このボディは2009年にマリでタクミが現地カーバーと話し合いながら発注したもの。数十本ボディを作りましたが、いままでハズレたことがありません。物凄く桶(木)が鳴るボディです。 その胴鳴りを殺すことないよう、クレイドルにマリの5mm平織ロープを使用してます。 皮は中厚ですが伸びやかで深みのある中音になりました。 レグのカービングはシンプルに。クビレの頂点に置くことで美しさを際立たせてます。 底部には足ゴムを横釘なしで装着。 アスファルトの上で演奏する際も木を削ることなく安心です。   今の自分のジェンベのパワー不足が気になっている方の買い替え、多少有利に下取りいたします。 ご相談ください。   Mali Lenke 34.5cm/¥49,800