14年後

いつもダラクラやプレジェンをやってるコール田無。 月何度か個人練をしてるんですが、今日は楽人を誘って親子セッションしてきました。 楽人2歳の時以来です。 ドラムの色が黒から赤に変わってる! まさか楽人とここでセッションするなんて、あの頃は思いもしなかった。 馬鹿親ブログでスミマセン! たえちゃんが14年後にはタクミは51歳、俺は63歳になってるぞ! 「佐々木さんのタイコでは踊れない!」って言われないようにしないと!

紅く塗りつぶせ!

こんばんわ、ブログ久方ぶり登場の佐々木です。 最近オーダーを頂くことがめっきり多くなったコンゴニ。 ボディ自体の地の色は白なのですが、ほとんど皆さん好みの色で塗ります。ペパーミントグリーンとか赤とか・・・・自分だけのオリジナルが楽しめるんです。 で、当方塗り作業も例の匂いに包まれながら楽しくやるんですが、今日はそのノリでボアブラン材のサンバンをワソロンジェンベが如く真っ赤に塗り、またまたそのノリで木製のイスも思い思いの色に塗っちゃいました。 ペンキって仕上がりの感じがとってもアフリカっぽい。 ペイントイットレッド!

もっちゃん通信10月号

は〜いお待たせいたしました、もっちゃん通信10号(10月のワークショップ&イベントスケジュール)でございます。 ワークショップ詳細などはメニューバーworkshopからもチェックしてみて下さい。   一週目の日曜日10/5はヤラヤラライブ@国立地球屋です。 そのため下高井戸クラスの時間帯が少し前にズレています。ご注意ください。 さらに翌日10/6はバーマンと題しましてアフリカ屋TDF待望のバー営業です。今月のお題は「キノコと○○」。 翌日から一週間は工房長が台湾に出張。あくまで「出張」ですよ!その間は町屋のお店では佐々木か私ケンがスタンバイしております。 工房長がいない、ということは。。。そう、鬼のいぬ間にシリーズ第二弾。10/10金曜日町屋ドラムクラスはユウキンこと倉本ユウが担当。お楽しみに! 10月も大忙し!よろしくお願いします。

岩原さんの教則DVD入荷!

少しずつ気温が下がってきまして秋の入口になってきました。個人的には一番好きなこの季節。寝るのも気持ちいいし食べ物もうまい。 おしゃれなDVDでも借りて帰るか、なんて気持ちにもなったりならなかったりします。 そんな季節にピッタリなDVDが届きました。 岩原大輔 DJEMBE Start guide/¥3200 岩原大輔さんのジェンベスタートガイド。 ジェンベ界の大先輩。都内でのワークショップも毎週開催されていますが、こちらは岩原さんのプレイやジェンベのレクチャーを家にいながら体験できる優れもの。 遠くて通えない人や時間が合わない方にもうれしいですね。 今作は他にも色々な教則DVDを制作しているレーベル「paola」によるものですので、教則ものとしての内容はもちろん、カメラアングルが選べたり、スロー再生でフォームの研究ができたりと、むちゃくちゃ親切な内容となっています。 岩原さんといえば、綺麗な音と、ニヒルな笑顔、そしてオシャレ(あくまで個人的印象)。 優しい解説とこだわりのスタイリングにも要注目。   英語もフランス語も聞き取れない自分には日本語で詳しく解説されてるっていう点も嬉しいですね。 ジェンベをこれから始めてみようという方にはもちろんですが、中級〜上級者にもぜひぜひオススメしたい一本です。 オンラインショップの方にはアップしきれていませんが、他にもジェンベ教則もの、ダンスも結構揃っています。 ジェンベの教則ものって結構いい内容のが多くて、普通に楽しめるので実はオススメ。   王道mamady keita氏の教則モノ。VHSですが、、、日本ツアーも好評でしたバングラケのシリーズVol.1〜3などなど。 外で叩く機会が減ってくる寒い季節に向けて、コソ練のネタを集めとくのもいいかも。

『Bar Monday』(バーマン)

毎月、第一月曜日 TDF/アフリカ屋がバー営業します『Bar Monday』 10月のテーマは「きのこと○○」 日時:10月6日(月) 時間:19:00から 場所:東京ジェンベファクトリー/アフリカ屋 前 *マッシュルームカットの方テキーラ1杯プレゼント アフリカ音楽と 七輪ときのこと ビール 月曜夜 町屋 みなさまのお越しをおまちしてます。  

Rope Work

修理分のクレードル。お客様からのご要望は 『機動戦士ガンダム』!! 上下の2色使いもいい感じに仕上がりました。       まだまだ油断出来ない修理の季節。 皮が割れてしまったらがっかりですが、イメチェンのチャンス。 ロープの配色で遊んでみるのもまた楽しいものです。 気に入ってもらってガンガン叩きたくなるような太鼓に仕上げられるようスタッフ一同がんばりまっす!    

馬油の季節

ひさしぶりです。めっきり涼しくなってきました。 昨日の下高井戸クラスは『お母さんクラス』もレギュラークラスもたくさんの方が来てくれ盛り上がりました。 毎週日曜日 下高井戸GROKSスタジオにて14:00から19:15までノンストップで太鼓叩いてます。(笑) んでそろそろきました。乾燥。 クラスが終わる頃には指先が。。。ハンドケアの季節です。 毎年お世話になっている 宮崎の『Southern Factory』さんの馬油。 カリテ、シアバターもいいですが最近はもっぱらこれです。 めちゃめちゃ乾燥に効きます。ぜひお試しあれ。 Southern Factory  “Horse Oil”   1650円

kongoni

今週も引き続きオーダーものの紹介。 知名度こそ低いですが、北は北海道、南は九州、人から人へゆっくり確実にジェンベ愛好家を虜にしていっております。 缶にヤギ皮、そしてロープだけでできたドゥンドゥン「コンゴニ」です。 とてもプリミチブな見た目ではありますが、そのパワーと表現力たるや半端ない楽器。 ジェンベ1台にこのコンゴニを一台。そして素敵な仲間を一人いれば十分。 いやむしろそれぐらいの方が楽しいんじゃないか?ってな変態様もたまにいらっしゃる程に、一度みなさんにも体験してもらいたいミ二マムジェンベアンサンブル。 そもそもジェンベ音楽に不可欠なドゥンドゥンの編成は場所や世代、人によってそれぞれなのですが、元をたどるとこのコンゴニ(またはそれに似たもの)一台で奏でたメロディーが原型ではないかと思います。 こんな感じですかね〜。今バマコでもなかなか見られない風景です。 この素敵な写真は僕の大好きなCD「the art of jenbe drumming」のレイナーポラックさんが撮った写真。 勝手に掲載すいません。話は戻りましてこちらのコンゴニ。 只今商品としては並べてはおりませんが、オーダーをいただきまして組んだものです。 打面の皮はヤギ皮ですがジェンベに張ってあったもののリユースを使います。 しっかり伸ばされてよく使い込まれた皮が調子がいいんです。 張り方も前述したとおり、鉄のリングを使わない方法。タマ(トーキングドラム)やカソンケドゥンドゥンに近いでしょうか。 バチもその辺の木の枝でもいいのですが、ちょうどいいのはこれ。 すごく軽くて柔らかいアフリカのバンブーです。 バチにしても打面にしても、この柔らかさがコンゴニの豊かな音色のポイントになってるように思います。 ロープはレッド×ブラック日本製4mmを使用。 ボディーの色と組み合わせて色々できます。 kongoni バチ付き/¥23000 オーダーはこちらからメールもしくは電話でどうぞ。 演奏の参考にはこの一枚もオススメ。 The art of jembe drumming Vol.2/¥2500 軽くて持ち運びも楽。一生遊んでください。  

楽しいジェンベ

2011年夏に三島で会った韓国のジェンベ好きの皆さんの中で一際若いヘドンくんが昨日町屋に遊びに来てくれました。三島で私が叩いてたTDFの「ボール君」を覚えていてくれて、先日メールで「欲しい!!」と言ってくれてたのでヨッシャ!いっちょヘドン用に組むか!っていうことで桶をセレクト。 一際カップの丸いレンケの桶、どこまでも深みのある、それでもキラッキラした中高音は彼の明るい性格にピッタリだと思って選びました。 そもそもこの世にも奇妙な形のジェンベ、起源は私とタクミで何度か修理で扱ったことがある古いジェンベの形をモチーフに「きっとこんなのが大活躍していたんじゃないか?」という想像と、カップで泣かせたいという創造をミックスさせて作った試作品がコレ。これを更にマリの工房のカーバーさんが進化させて出来たものです。 今もその傾向はありますが2009年当時はそれこそパキパキ全盛期。それとは全く相反するジェンベを作ったわけです。 コンテナでやってきた通称「ボール君」は組み上げてみたら狙い通りカタチ通り色っぽいサウンドになりました。 今回ロープカラーのセレクトはヘドンの大好きな黄色を軸に元気なヘドンをイメージしてビタミンカラーにしてみました。 これって普通はなかなか敬遠されがちな配色です。ジェンベはアースカラーチックなものって過度に思ってラッシャる方が多いのも事実。それでも最近は「普通と違うのがいい!」っていう希望の流れがあります。今度はコチラ側の「お客さんをイメージしていく」というイマジネーション能力が試されるので少し緊張します。 ヘドン、ありがとう!また日本に来たら遊ぼう&韓国に行ったら遊んでね。 本人もとても喜んでくれました。こっちがもっと嬉しいよ!

TDF2014 Mali Lenke 33cm

工房は修理の太鼓で山積み。 しかしながら売り場に商品がなくてはいけません。 只今TDFフル稼働しております。 ジェンベの修理でお待ちいただいてる方も、一本一本気合入れてバシっと仕上げてまいりますので少しお待ちくださいませ。 そんな中佐々木は黙々とヤバイ商品組み上げてます。 2014年2月に工房長がバマコから送った、TDF2014年のボディー。 少数ですが、以前紹介済みの「ネオジャパニーズ」の流れをくむ、「扱いやすくてパワーもある」大きさと重量感が特徴のナイスサイズマリジェンベfrom TDF×ユスフ ハイダラ工房。 今回の特徴は下リングがすべてはめ込み式であること、サウンドホールの大きさとレッグの装飾でしょうか。木材はレンケとドゥグラのみです。 ボディーもまだまだプリプリ、既に数本組みましたがどれも安定してええ音してますわ。 そんなイケイケTDF2014から。 今回の大きな特徴の一つ。ボディーはマリ、装飾はギニア風。 そういえば何だか見覚えがあるようなこの感じ。 この異色の取合せが独特の雰囲気出しています。 もちろん見た目だけちゃいます。 この夏も人気高かったカウスキン。 厚みのムラも少ない薄手の物をチョイスしました。 こいつは当たり。 上リングクレードルには日本製平打ちブラックのダブルで。 下リングクレードルも日本製4mmブラック、耐久性バッチリ。 縦にはUS製motherlandのエンジ×イエロー×ブラック。 赤系縦ロープと黒クレードル、王道です。 Cowskin Mali lenke 33cm/¥59800 是非店頭にてお試しください。 こちらは先週に引き続き、お客様オーダー分の一本。 やはり2014年モノのマリレンケボディー×ギニア彫り。 中厚マリ産ヤギ皮がパッキンパッキンです。 こちらもええ仕上がりです。これからが楽しみ。

もっちゃん通信9月号

こんにちは。 先週からすっかり涼しくなりました。 工房の作業もずいぶん快適です。 九月ですね。もう入ってしまいましたが、もっちゃん通信9月号、更新しております。 今月のワークショップ&イベントスケジュールチェックして下さい。 9月はライブはお休み。 クラスは毎週ビッチリ開催です。 町屋クラスは毎週水曜、金曜、交互にダンスとジェンベのクラスです。 水曜ジェンベは初心者向けゆっくりじっくりレッスン。 会場も毎回違う場所ですので、ご確認下さい。 水、金の夕方に工房に寄っていただきますと、何かはやってます笑 下高井戸クラスは毎週日曜。 今月は、ママさん向け早い時間短めクラスが三回あります。 子連れも大歓迎!コチラは14時〜 15:00〜17:00は加藤タクミの熱血ジェンベ道場。 17:10〜19:00は加藤日光の汗だくダンスクラス。 四週目のみダンスクラスはありませんのでご注意ください。 涼しくなってきたしジェンベでもはじめてみるか!って方におすすめ、毎週木曜午前中のプレジェン。佐々木がゆっくり丁寧に開催中。 10:15〜西武新宿線田無駅近くの会場です。 TDF主宰のワークショップの詳細は↑のメニューバー「workshop」からもチェックしていただけます。 今月もはりきって行きましょー!