ニュー・ドラムクラス

大変ご無沙汰しております。工房長です。 今日はクラスのお知らせです。 HPのスケジュールページ、長らく更新せずに申し訳ありません。10月から再開予定です。もう少しお待ちください。 この間下高クラスを土曜日の隔週に変更したばかりですが、 土曜日クラスは低迷すぎるので!笑  また日曜日に引っ越します!笑 そして内容も一新。コアな方に?進みます。 応援してください!     『やりとり』 —コミュニケーション—   西アフリカはマリ共和国の各部族の伝統リズム中心 アフリカンダンスとジェンベ、ドゥンドゥンのコミュニケーションを実感、指導するレッスン。   日時:月に2回 日曜日 12:00 – 14:00     不定期開催 場所:G-ROKS studio 下高井戸 料金:2000円   レンタルドラム別途500円 経験:あるに越したことはありませんが、やる気がある人歓迎 内容 : ジェンベとドゥンドゥンをアフリカンダンスに合わせて叩きます。   10月は11日と25日です。よろしくお願いします。    アフリカンダンスクラスで太鼓叩きたい人、多いと思います。   自分も先生(Malik Sow)のドラムクラスに参加して、その奥さん(故Mareme Faye)のダンスクラスに太鼓を叩きに行くのが何よりも楽しみでした。 踊りに向かって、いい音で、いいメロディーで、たまに喧嘩したり、ニヤってしたり、大爆笑したり。 明らかに先生の間で言葉ではない「やりとり」がされていて、いつか自分も!って思ってました。   ダンスしてる人も同じ気持ちだったのでは、と思ったりします。   アフリカンダンスクラスに太鼓叩きに行く人は、レッスン料も払う事なく、また逆に演奏してくれてありがとうという意味で、少額のお金をもらったり、感謝されるわけですが、「演奏させてもらってありがとう」という気持ちが、あるにはあるけどうまく形になってない気がする。逆も然りで自分はまだダンスクラスで演奏してはいけない気がする、と自戒を感じる人も多く。 これはダンスクラスを日光と運営するようになっていま感じる事ですが。   話が逸れました。。。   ダンスのための演奏、ここがやっぱり好きで、その世界観の強い先生たちに多くを学んできました。 ダンスに対するソリストのアプローチ、ここが一番派手で注目されやすいですが、やっぱりそこだけではなく。 その場に集まった不特定多数のメンバーの中でどう存在するか。 どういう音を出すか。 どう届けるか。   […]

THE軽量KING(Cote’d’voire 32.5cm)

コロナ真っただ中だった3月から5月は、今思うと「リゾート地にポンと放り込まれた」感じだったかなって、振り返って思います。 膨大な時間が急に与えられてしまったわけです。 本当のリゾート地だったら海で泳いだり、連れの買い物に付き合ったり、、、、それでも日々の喧騒から急に離れることで生ずる「何もすることがない時間」は、ジェンベに出会う前の自分にはとても苦手な代物でした。 そんな時はとてもいい考えが生まれるときもあれば、反対に自分の中のダークサイドと急に向き合わなくてはならなくなったりして。 最近の悲しいニュースみて、改めて思います。 ジェンベと出会ってよかった、、と。   さて、そんなリゾートな6月を経て梅雨が明けた8月から急展開で皮張りのご依頼が増えました。9月に入ってもその勢いは衰えず、思えばジェンベの新作になかなか取り掛かれなかったりしてました。 久々の新作はフルレストアでガラッと生まれ変わった某工房のイロコジェンベです。 おそらく僕らのところに張替えご依頼頂くジェンベの中で一番本数が多いのがこの工房のジェンベだと思います。 修理をするたびに思っていた「ここがこうならもっと最高のパフォーマンスを出せるんだけどなぁ」を、今回すべて思い返して、ドカンと注入しました。 いい皮載せました(笑) 最近の自分の好みでクレイドルは敢えての黒平紐シングル。 まず初級の方でも手が痛くないです。ダブルのガンダムジェンベは手が痛いって、特に女性の声。 イロコの特性である豊かな中音域をノーマルのKBLジェンベは殺してしまういくつかの箇所があり、それを徹底的に改良しました。 で、このサウンドです。 32.5cmというナイス口径なのに65cm高だったため身長180cm以上の方にはいいのですが、一般日本人には高すぎたので上下をカットして足ゴムを装着しましたので叩きやすい高さになりました。   そしてこのジェンベの最大のチャームポイントは6.6kgという超軽量ってところです。 それでいて良質なサウンド、、、そこにこだわりました。   Cote’d’voire 32.5cm/¥49,800

臨時お休みのお知らせ

台風9号が去ったと思ったら強烈な10号が・・・ 秋の毛生えを感じます。 下記、工房お休みとなります。 9月6日(日)定休日 9月10日(木) 9月11日(金) なお工房へのお問い合わせは何なりと佐々木まで ゼロハチゼロ 5434-6242 よろしくお願いいたします。

特有の響き

ジェンベの音を作り出す3大要素として ①木 ②ボディのカタチ ③腕 があります。皮の厚さとかの比率は上記の3つと比較すると微細なもの。 また皮は交換すれば変わっていきますし、③の腕も頑張って練習していけばある程度は変わっていきます。 そして①の木は本当に少しづつ少しづつ、気が付かないほど少しづつ木から水分が抜けていって、良質なものになっていきます。 比べて②のボディのカタチは不変なものです。 TDFが2016年にマリ渡航した際に設計してきたコートジボアールの伝統的デコレーションを用いたレイヤー状のカービングに幾何学模様のデコレーションをカップからレグまで施したいわゆる「NEOミシュラン」。 10数本という限定された生産本数ではありますが、日本を代表するジェンベ叩き達に愛用していただいている「秘密」は、どうやらそのボディ形状が生み出す特有のサウンドにあると、私は考えてます。   今回ご紹介する一本は、その限られた数本の中の一本。 一見ジャラ(アカジョ)かと見間違う赤褐色のレンケ材はちょっと稀少。 レグのカービングボリュームはまさにミシュラン坊や。カップもしっかりミシュランしてます。 これが音に影響している公算大です。 特に中音(トン)のボリュームがデカい。 クレイドルはレッド&ターコイズの両ダブル仕様。 やや厚めのマリヤギ皮はミシュランとの相性いいですね。 カップ中央部にクラックあり、補修して2年寝かせてます。末永く使用できるよう治ってますが、ディスカウントしました。 音色で悩んでいる初級者の方にもおすすめです。 Mali Lenke 33cm/¥72,800 → ¥69,800